【報ステ】元TBS記者からの“暴行”第1回弁論

【報ステ】元TBS記者からの“暴行”第1回弁論

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/06
No image

動画を見る(元記事へ)

フリージャーナリストの伊藤詩織さん(28)が性的暴行を受けたとして損害賠償を求めた裁判で、東京地裁で第1回の口頭弁論が開かれた。伊藤さんはおととし4月、都内のホテルで、元TBS記者でフリージャーナリストの男性(51)に性的暴行を受けたとして、1100万円の損害賠償を求めている。口頭弁論で男性側は「抵抗されることなく親密な雰囲気になった」などとして争う姿勢を示し、訴えを退けるよう求めた。伊藤さんは、準強姦容疑で警視庁に被害届を出していたが、東京地検が嫌疑不十分で不起訴処分とし、検察審査会も不起訴相当と判断している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
想像以上にひどい“中高生の文章読解能力崩壊”もう日本語でも会話は通じない!!
バイト中に15歳少女が転落死 太陽光パネル点検作業
ベンツの運転手に絡まれ煽られていた軽自動車。しかし軽の方が一枚上手だった
清水良太郎被告、覚醒剤“口移し”で吸わせた「私は腐った人間です」
あの人気キャバクラ、悪魔的脱税が発覚!キャバ嬢から搾取、税金まったく払わず!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加