養殖場で稚魚2万匹消える 損害額は約500万円

養殖場で稚魚2万匹消える 損害額は約500万円

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/12
No image

動画を見る(元記事へ)

養殖場で池の中の稚魚、約2万匹がいなくなっていたことが分かりました。

岡山県内の養殖場の池では、体長10センチほどのアマゴの稚魚約2万匹を育てていましたが、4日朝に経営者が訪れたところ、数匹ほどしか残っていなかったということです。稚魚は来年春に出荷する予定だったもので、損害額は約500万円に上ります。警察は、何者かが盗んだ可能性もあるとみて捜査しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】追い越し車線で取っ組み合い...はねられる
「足でハンドル」「ラーメン食べながら」 東名事故容疑者、元交際相手の証言に衝撃
石原慎太郎が枝野を絶賛!その裏の理由は?
市役所に「鯉係」も 郡山が鯉の普及に躍起になる理由
女子高生に体当たり...「もう一度襲いたくなった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加