阪神・能見、岩貞に投球イニング増加指令「“2年目”は大事」

阪神・能見、岩貞に投球イニング増加指令「“2年目”は大事」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2016/12/01

阪神・能見篤史投手(37)が30日、今年1月に沖縄で自主トレをともにし、飛躍した岩貞祐太投手(25)へ、来季の投球イニング増加を指令した。

「技術的というより、イニングを伸ばしていかないといけない。今年のイニング数じゃダメ。求められるものも高くなってくる」

金本監督、藤浪と同組でのラウンドを終えると熱く話した。今季初の2桁勝利をマークした岩貞の投球回は158回1/3。虎投を背負っていく存在として、来年も同様の数字では物足りない。「200イニングは難しいが、平均して7回以上は投げないといけない」。自身も2011年に1度だけ達成した大台に…とまでは言わないが、大幅アップを求めた。

能見自身、2009年に13勝で初の2桁勝利を挙げたが、翌年に右足骨折。だからこそ岩貞には「やっとスタートした。“2年目”は大事。俺は骨折したから。いろいろ自覚も芽生えてくるし、続けていって欲しい」と期待。来年1月もともに自主トレを行い、先発のイロハをたたき込む。

No image

豪快なショットを披露した能見。岩貞に、より高いハードルを求めた(撮影・森本幸一)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
注目の巨人のプロテクト 前回の人的補償から見るポイントは?
山口と森福が巨人入りへ! 過去FAで加入した投手陣を振り返る
前阪神・柴田がロッテ合格 林本部長「1、2番を狙える選手」
ロッテ・田村が2240万増の5000万円でサイン
大谷翔平の年俸を支えられない? 東尾修が語る球界の“お金”事情
  • このエントリーをはてなブックマークに追加