大野拓朗「60%大阪人」 朝ドラ役作りで住民票移した

大野拓朗「60%大阪人」 朝ドラ役作りで住民票移した

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/14
No image

一日刑務所長を委嘱された大野拓朗=大阪刑務所

NHK連続テレビ小説「わろてんか」(総合、月~土曜、前8・00)に出演中の俳優・大野拓朗(28)が11日、大阪刑務所の一日刑務所長を務め、役作りのために東京の家を引き払い、住民票を大阪に移したことを明かした。

大阪での長期にわたる撮影のため、東京の家を引き払ったといい、同時に住民票も大阪に。朝ドラでは漫才師の故・横山エンタツさんがモデルのキース役を演じており、大野は「役作り。大阪人になりたかった」と理由を明かした。なんばグランド花月に通い笑いの研究も重ねたという。

役者魂全開の大野は「60%は大阪人。半分以上なので、どっちかっていうと大阪人ですね」と笑顔。大阪ライフを満喫していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“日本一のコスプレイヤー”えなこ、美バスト全開の悩殺SEXYショット
ヒロミ、貴ノ岩の言動に「俺たちの業界だとしたら」
おぎやはぎ・矢作兼、RaMuのノーパンノーブラ話に「いいなー!」
高橋一生、月9『民衆の敵』大爆死のウラで......あのヒット連ドラのオファーを蹴っていた!?
安達祐実の“無修正”に反響
  • このエントリーをはてなブックマークに追加