なぜ台湾人はハム太郎ソングでとっとこ走り回ったのか アニソンDJ界の流行「ハム太郎コール」、ルーツを探る

なぜ台湾人はハム太郎ソングでとっとこ走り回ったのか アニソンDJ界の流行「ハム太郎コール」、ルーツを探る

  • ねとらぼ
  • 更新日:2018/01/01
No image

「とっとこ〜走るよハム太郎♪ すみっこ〜走るよハム太郎♪」の歌詞でおなじみ、2000年代アニメ「とっとこハム太郎」のオープニング曲「ハム太郎とっとこうた」。こちらを台湾のアニメソング専門DJイベントで流したところ、100人近くの台湾人がダンスフロアをぐるぐる走り回り続けた動画が2017年11月末にTwitterを駆け巡った。

フロア客のほとんどは成人男性。大きな輪を作りながら片腕や両腕を挙げて、重低音の打ち込みビートにあわせてぴょんぴょん跳ねるようにして走り続ける。「大好きなのはひまわり種」とハム太郎が歌うと、「「「俺もー!」」」と一斉にコールする。かわいらしい曲調に対してすさまじいカオスっぷりだが、とにかくみんな楽しそうだ。

参加スタッフが「とっとこハム太郎を流した時の台湾の方々の反応をご覧ください」とTwitterに動画を投じたところ、「台湾でなぜこんなにハム太郎で盛り上がるの!?」という驚きとともに、「平和な世界」「俺もこの中混ざりたいw」とその幸せそうな空間をうらやましがる人が続出。約12万回もリツイートされた。

実はこの「ハム太郎とっとこうた」で周回してコールする行為は、2017年7月から日本のアニソンDJ界で徐々に広がり、秋ごろから流行しているものだ。年末のイベントでも各地で発生している様子が確認できる。

曲が発売されたのは2000年――どうして今になってアニソンDJ界で盛り上がっているのか、そこからなぜ台湾人もハム太郎でとっとこ走る瞬間が生まれたのか。流行が始まった瞬間を知るアニソンDJ・いまのさん(@hayato0821)と、台湾のイベントで曲をかけた張本人・DJちっぺさん(@chip_Pe)に、熱狂のルーツを取材した。

「とっとこハム太郎 ベストソングコレクション」(日本コロムビア)

ハム太郎コールはどうして生まれたか

いまのさんによると、アニソンDJ界ではこの行為にこれといった名称はついておらず、言っているとしても「とっとこハム太郎のコール」ぐらいだという。以下、「ハム太郎コール」と称したい。

ハム太郎コールには厳格なルールはないが、基本的にみんな次のような行動をとる。

みんなで大きな輪を作りながらぐるぐる走り続ける。

歌詞「大好きなのはひまわりの種」の後に、「俺もー!」と叫ぶ。

間奏部分で、アイドルライブの定番MIX(掛け声)である「タイガー、ファイヤー、サイバー、ファイバー、ダイバー、バイバー、ジャージャー!」を叫ぶ。

後は輪の中央のスペースや脇でオタ芸をしたりと、自由にしている。別にアニソンDJイベントで「ハム太郎とっとこうた」が流れたら上記の行為をしなくてはいけないわけではなく、ただの流行であることをあらかじめ念押ししておきたい。

このハム太郎コールの流行の始まりは、7月1・2日にお台場潮風公園で開催されたアニメ×ダンスミュージックの野外DJフェス「Re:animation」の第10回公演だったといまのさんは推測する。

「DJは特に深い意味はなく、『全員が知っているから』程度の感じで『ハム太郎とっとこうた』を流したんだと思います。すると2、3人が突然走り回り出して、周辺の人がそれに群がっていって、例の絵が完成していました」

No image

とっとこ走り出したアニソンファンたちの様子(画像提供:@super_readerさん)

当時の様子を収めた動画が残っている。ハム太郎の曲が流れる野外の芝生の上を、70、80人ほどの男の子や女の子たちが輪を作って走り、「俺もー!」と叫ぶ。間奏でのMIXは数人程度しかしていないようだが、あのハム太郎コールがすでに出来上がっている。

参加していたTwitterユーザー・すぱりださん(@super_reader)がこの動画を7月2日にTwitterで「とっとこハム太郎に合わせてみんなで走ってんのホントクッソ面白いんだけどwwwww」と投稿すると、3万回以上リツイートされるなど話題に。さらにYouTubeに転載されるなどして、「ハム太郎で大人たちが走り回ってコールするおもしろ動画」としてまたたくまに広がっていった。

No image

楽しそう……

「Re:animation」第10回以外のアニソンDJイベントでハム太郎コールが起こっている動画は、すぱりださんの動画がバズる以前ではまったく見つからないが、以降ではTwitterやYouTubeで10本近く確認できる。小規模なイベントから、横浜アリーナを使った大規模イベント「ANIMAX MUSIX」まで、あちこちでハム太郎がかかりハム太郎コールが発生しているようだ。

No image

同じイベントで「ハム太郎とっとこうた」がかかった現場なのに、流行前と後で全然違う

No image

同じイベントで「ハム太郎とっとこうた」がかかった現場なのに、流行前と後で全然違う

この前にどこかでハム太郎コールは起こっていたのかもしれないが、同イベントとすぱりださんの動画が流行の火付け役となったのは間違いない。いまのさんも、「よく半年でここまで有名になったな〜って言うのが率直な感想です。話題の動画の中に自分も写り込んでますが、TwitterやらYouTubeやらでここまで拡散されるとは思いませんでした」と驚いていた。

台湾人はなぜハム太郎でとっとこ走ったか

話題の台湾の動画は、11月18日に台湾・台北市で開催されたアニメクラブイベント「秋葉東京in台北」の様子。「秋葉東京」は2011年から香港でアニソンDJイベントを開催しながら国際交流を目指すプロジェクトで、今回はアジアの主要3都市での同時開催と銘打って、初めて台北で実施された。

そこで「ハム太郎のとっとこうた」を流したのが、DJちっぺさん。2007年に札幌市で当時唯一のアニソンDJとして活動を始めた、活動歴10年のベテランだ。日本でのハム太郎コールの盛り上がりを受けてかけたのかと思いきや、実は流行は全く知らなかったという。

「一部では『ハム太郎とっとこうたは全部サビ』なんて言われてるくらい盛り上がりやすい曲ですから、もともとかける機会は多かったです。これに加え2012年から台湾で何度もアニソンDJとして出演する中で、台湾における日本のアニメ人気の高さを知っていたので、ハムスターを飼い出す人が続出するほどハム太郎が人気なら台湾でもいける! と信じて流しました」

すると、フロアにいる100人ほどの台湾人がぐるぐる回り始め、「俺もー!」と叫んだ。

「盛り上がった事自体は狙い通りでしたが、まさか日本のアニソンDJイベントでよく見る合いの手まで台湾に伝わっているとは思っていなかったので、その時は素直に驚きました」

ちっぺさんは台湾における日本のアニソン人気について次のように説明する。

「台湾の政府が日本のテレビ番組の規制を解いたのが1990年頃で、2010年頃から『哈日族(ハーリージュー)』と呼ばれる“日本の文化が大好きな台湾の若者”が登場しました。そうした中、2007年10月にニコニコ動画に『せっかくだから台湾人258人で一緒に組曲ニコニコ動画を歌ってみた!』という動画がアップロードされます」

「『ハレ晴レユカイ』などニコニコ動画で人気のアニソンを台湾人が大合唱していく動画なんですが、見た時は日本の文化がすさまじいスピードで海外に伝わっていることを痛感しました。その元ネタである『組曲ニコニコ動画』がアップロードされたのはわずか4カ月前で、そこから台湾人250人が集結して歌って動画を投稿したわけですから」

そしてある体験を振り返りながら、今回の「台湾人のハム太郎コール」について次のように推察した。

「2012年〜2013年に現地の台湾人の家に泊めてもらったとき、何人かで集まってUSTREAMでアニソンイベントを鑑賞したんです。すると音声に合わせて台湾人のみんながPC前でオタ芸を披露し始めたんです」

「つまり、台湾のオタクな人たちは何年も前から、アニソンDJやオタ芸(コール)をUSTREAMにしろYouTubeにしろ、ネットを介して知る余地が十分にあったと言えます。ここ数カ月で急激に増えた『ハム太郎コール』の動画も台湾アニソンファンがチェック済みで、今回のイベントで私がたまたま曲を流し、例の瞬間につながっていったのかもしれません」

先のいまのさんも、「近年だと『PPAP』もよくわからない形で世界中で大流行したのでそれと同じ現象が起きたのかなって思ってます。最近だと台湾やシンガポールでアニメ系のイベントが活発に行われているので今後も日本からこういうのが輸出されて行くのかな?って考えています」と、ハム太郎コールの広がりについて述べていた。

「俺もー!」にメリゴーランド アニソン好きが築いたクラブカルチャー

興味深いことに、アニソンDJイベントで「ハム太郎とっとこ歌」が流れてフロアが「コールする」もしくは「ぐるぐる回る」ことは、今回の流行の前からちっぺさんは何度も見かけていたという。

実はこの「俺もー!」も回る行為も、昔からアイドルのライブ現場で培われてきたオタ芸が発祥。「俺もー!」はアイドルのライブやMCにおけるコールの大定番なのだが、アニソンDJ界でも曲中に「愛してる」や「好き」といった歌詞が含まれると、「俺も〜!」と叫ぶのが通例となっている。

例えば「カードキャプターさくら」の主題歌「Catch You Catch Me」のサビの終わり「こ・い・し・て・る♪」の直後に「俺も〜!」、「るろうに剣心」の主題歌「1/2」のサビで「愛してる〜(俺も!)愛してる〜(俺も!)愛してる(俺も〜!)」といった具合。ハム太郎でも「大好きなのはひまわりのたね」の「大好き」に呼応する形でコールしていたのだ。なんだか係り結びの法則みたいである。

ぐるぐる回るのも、「メリゴーランド」という定番オタ芸が存在する。「地球が回る」とか「目が回る」といった回転を意味する歌詞が流れたとき、複数人で輪を組んで回り出すものだ。例えば「スクールランブル」の主題歌「スクランブル」や「機巧少女は傷つかない」の主題歌「回レ!雪月花」などなど。

ハム太郎には2番で終始「とっとこまわるよハム太郎」「まわるとうれしいハム太郎」と回転する歌詞が登場する。特にメリゴーランドを意識せずに「とっとこ走る」イメージでみんな走っているだけの可能性も大きいが、メタル音楽のライブでサークルモッシュが発生するように、アニソンDJでぐるぐる回る行為はなんら珍しくないのだ。

ちっぺさんによると、ハム太郎でメリゴーランドが発生する様子はアニソンDJの活動を始めて間もない2007年頃から札幌でも見る機会があったという。「俺も〜!」やMIXはよりレア度は高くなるが、やはり現場で見かけたことはあった。

今回のハム太郎コールの流行は、曲を流したDJ、客の楽しむ姿勢、たまたま動画を撮影したすぱりださん、それを急速に拡散させるSNSの力、台湾のアニソン人気と、あらゆる要素が絡み合って生まれた。しかしその前に、この10年20年でアニソンDJイベントの現場においてDJと客が築き上げてきた土壌があったことは忘れてはならない。台湾で幸せそうにとっとこ走るあの光景は、ただの偶然ではなく、アニソンDJというクラブカルチャーのバトンをつないできたアニソン好きがいるからこそなのだ。

ひょっとするとハム太郎コールのブームは年が明けて収束していくかもしれないし、すでに「もう飽きた」と白けている人だっているだろう。それでもアニソンで熱狂する時空間は、DJと客がいる限り今後も続く。そして再びハム太郎コールのような狂気の瞬間が生まれ、またネットを「何だこれは」「楽しそう」と騒然とさせるかもしれない。

黒木貴啓

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
片平里菜、“お嬢ズ”と新旧曲届けたライブハウスツアー閉幕
西川貴教×三代目JSB山下健二郎×FANTASTICS「R.Y.U.S.E.I」スペシャルコラボで10000人沸かす<ALL LIVE NIPPON Vol.6>
Kiroro 13年ぶりのオリジナルアルバムより新曲「アニバーサリー」をdヒッツで独占先行配信開始!
Brian the Sun、新曲『boys』Amazon Prime Original「紺田照の合法レシピ」とのコラボMV公開!!
小室哲哉「ラストアイドル」楽曲制作に年越し忘れて没頭していた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加