リッキー・マーティン「彼のとりこに」男性と結婚

リッキー・マーティン「彼のとりこに」男性と結婚

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/13
No image

リッキー・マーティン

プエルトリコ出身でラテンポップスの人気歌手リッキー・マーティン(46)が11日までに、交際していたシリア出身の男性アーティスト、ジュワン・ヨセフさん(33)と結婚したと明らかにした。AP通信などが報じた。10年に「自分の中にとどめておくには重すぎた」として、同性愛者であることを公表していた。

ヨセフさんとの交際は16年4月に明らかになり、同10月にトーク番組で婚約も発表。ヨセフさんは画家としてロンドンなどで活躍していたが、マーティンは番組の中で「作品を見て彼のとりこになった。それで彼に連絡した」と交際に至った経緯も明かしていた。

マーティンは98年サッカーW杯フランス大会のテーマ曲「ザ・カップ・オブ・ライフ」のほか、99年にシングル「リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ」を発表。郷ひろみ(62)が「GOLDFINGER’99」としてカバーして日本でもヒットした。「リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ」を収録したアルバムは、全世界で1700万枚以上を売り上げるヒットを記録した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
般若、UZIとZeebraに激怒「あんたら世代の意識の無さ」 痛烈なディス
“整形級メーク”の変貌ぶりがすごすぎる!ゆにばーす・はらがテク紹介
保阪尚希 腹膜炎で内臓破裂、緊急手術で生還...32歳死の淵、元妻高岡早紀が救急車
安室の紅白出場で見えてしまった“芸能界の裏”
同性愛を告白した初のK-POPアイドルHollandがデビュー、日本でも話題に MVではキスシーンも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加