大学生でもクギが抜けない...小山内美江子が見た海外支援現場

大学生でもクギが抜けない...小山内美江子が見た海外支援現場

  • 女性自身
  • 更新日:2016/12/01
No image

「家を売ろうとしたのは、年を取ると、ものを取りに行くにしても、大きい家はたいへんなので……。庭などもつくっちゃったし気に入っていたけど、二十数年、一緒に暮らしているお手伝いさんも年を取ったし。ここが潮時だと思って、マンションへ移りました。家を売って得たお金は、新居購入と蓄えに。年寄りには死に金=葬式代が必要ですから。それに、私はボランティアで、カンボジアとネパールに学校をつくる活動をいまも続けている。お金の一部はそちらにも使いたいと思っています」

そう語るのは、脚本家の小山内美江子さん(86)。映画のスクリプターを経て’62年、脚本家としてデビューした小山内さん。代表作には『3年B組金八先生』シリーズ(TBS系)、NHK連続テレビ小説『マー姉ちゃん』、同局大河ドラマ『徳川家康』『翔ぶが如く』など多数。私生活では25歳で結婚して32歳で離婚。シングルマザーとして一人息子(俳優で監督の利重剛)を育て上げた。

そんな小山内さんが初めて海外ボランティアを経験したのは’90年、湾岸危機が勃発した後のヨルダン難民キャンプ。その後、活動の拠点をカンボジアに移し、’93年、「カンボジアのこどもに学校をつくる会」(’97年に「JHP・学校をつくる会」に改称)を設立して現在も代表理事を務めている。

「私がカンボジアに学校をつくろうと思ったきっかけは、20年を超す内戦を経て’91年にパリで結ばれた、カンボジア和平協定です。カンボジアに入れたのは翌年でしたが、焼け残ったホテルの窓から外を見ると、日本なら、子どもたちがランドセルを揺らして学校に行く時間にその姿がない。ポル・ポト(内戦時のカンボジアの指導者)によって、先生の8割が虐殺されたり、海外に逃げていたから。そこで、とにかく教育だ。学校をつくろうと思いました。教育は人をつくる??すなわち、国の礎ですから」

小山内さんは、カンボジアの子どもたちのためだけでなく、日本の若者たちのためにも学校をつくりたかったと話す。

「応募してきたボランティアの大学生20人ほどと一緒にカンボジアに行って、まず校庭にブランコをつくりました。ところが、いざやってみると、くぎをたたく代わりに指をたたく。『くぎが抜けません』と一生懸命真上に引っ張っている。ここで登場するのが私=『女金八先生』です。楽しいですよ(笑)。『こうするんだよ』と、私が抜いて見せると『あっ、抜けました。こういう抜き方があるんですね』と某国立大学の4年生が言うの(笑)。『これはテコの原理というんだよ。君たち、中学、高校で習っているんだよ』と言っても、大学や就職試験の問題に出ないから覚えていない」

ブランコの脚を埋めるため、直径60センチの土管を入れたときにもこんなことが。

「『私は所用で出かけるんだけど』『大丈夫です!掘っておきます』。翌日、土管を入れようとしても入らない。なぜかというと、きっちり60センチの穴を掘っているから。少し大きめの穴を掘り直させて、『これを“ゆとり”というの。覚えておきなさい』。こうしたエピソードはすべて日本の教育の現状を物語っている。子どものころから受験、受験と過ごしているから、いまの若者には“余裕”がないんです」

小山内さんたちは、’93年からこれまでカンボジアに350棟を超える学校と1棟の児童養護施設を建設(後者は運営も)。ネパールには9棟の学校をつくってきた。さらに、カンボジアでは教師を養成する師範学校も建設。日本の子どもたちから寄付してもらった楽器(ピアニカ)を毎年船で送り、協力してくれる講師も派遣して「ドレミ」から音楽の教育にもあたるなど幅広い支援活動を続けている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“全裸×指1本”絶妙な自撮りが流行中
高橋ジョージ「新事実」発言で、三船美佳への批判強まる
問題動画流出のJKTメンバー、卒業→急転解雇
バカリズムが「お前、殺すぞ!」と激高した相手がとんでもなかった!?
「スマスマ」香取慎吾のやる気のなさに視聴者から「甘ったれるな」の呆れ声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加