マーゴット・ロビー、オリンピック出場権を巡る!『アイ,トーニャ』特報

マーゴット・ロビー、オリンピック出場権を巡る!『アイ,トーニャ』特報

  • シネマカフェ
  • 更新日:2018/02/13
No image

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(C) 2017 AI Film Entertainment LLC.

もっと画像を見る

マーゴット・ロビーが実在のフィギュアスケーター、トーニャ・ハーディングに扮し、彼女の波乱万丈な半生を描いた『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』。この度、本作の特報映像&メインビジュアルが公開された。

今回到着した特報映像の冒頭では、マーゴットが4か月に渡って猛特訓し得た見事なジャンプが披露されている。そんな表彰台で笑顔で手を振るトーニャ(マーゴット・ロビー)の姿から一変、バックヤードでタバコを吸い、スケート靴で火を消し、「私に真実を話せって?」と言い、“あきれた!”というジェスチャーをするキラキラした姿とはまるで別人のような彼女が映し出される。さらに、棒状のもので殴る様子や、子どもだったトーニャが座っている椅子を足で倒す鬼母ラヴォナ(アリソン・ジャネイ)の姿、銃に打たれそうなトーニャの姿など、次々と目を疑う映像が登場している。

あわせて公開されたメインビジュアルには、「彼女は世界中から愛され、一瞬にして世界中から憎まれた」というキャッチコピーとともに、ふてぶてしい様子のトーニャが。またこの衣装は、1992年アルベールビルオリンピックでトーニャ・ハーディングが披露した衣装を完全コピーしたものとなっている。

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は5月4日(金・祝)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
GReeeeN主題歌が彩る「ママレード・ボーイ」予告映像
「美人が婚活してみたら」映画化!主演は黒川芽以、シソンヌじろうが脚本
大事なのは「優先順位」を固定しないこと。『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』押井守監督の制作秘話
【決定版】タイプ別ミュージカル映画オススメ25選!
羽生結弦ら「This Is Me」でダンス! エキシビション練習映像が話題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加