5人分まとめて割引、先行予約できる!年4000円払っても「クラブ・ジェットスター」がお得なワケ

5人分まとめて割引、先行予約できる!年4000円払っても「クラブ・ジェットスター」がお得なワケ

  • @DIME
  • 更新日:2017/10/13

■連載/鳥海高太朗のTRAVEL HACKS!

LCCのジェットスターは2017年8月より、会員特別価格での航空券購入、座席指定や預ける手荷物などのオプション料金が割引になる有料会員「Club Jetstar」の新サービスが開始された。そこで、会員特別価格の活用方法についてまとめてみた。

No image

成田空港を最大拠点に国内線及び台北・香港・マニラ・上海線を運航するジェットスター・ジャパン

「Club Jetstar」には年会費が必要で、入会初年度は入会金3990円、2年目以降は年会費3939円を支払うことになる。つまり、年間で4000円以上お得にならなければ入会するメリットはないが、逆に4000円以上のお得を受けられればメリット大である。登録はジェットスターの「Club Jetstar」のページもしくは予約画面から可能となっており、クレジットカード(日本発行カードでは、VISA、マスター、JCB、AMEX、ダイナースが利用できる)での支払いとなる。

No image

有料会員「Club Jetstar」のホームページ

まず会員特別価格についてであるが、ジェットスター・ジャパンを含むジェットスターの全便が対象になるのではなく、ジェットスター側が指定した便が対象となり、会員価格でない一般価格よりも、筆者が調べた範囲内ではあるが300円〜800円程度安くなっていた。

9月6日に調べてみたところ、9月27日の成田発札幌行きにおいては、15時15分発は一般価格5190円が4490円(700円割引)、16時35分発は通常価格5990円が5190円(800円割引)。福岡行きにおいては、6時発は一般価格5590円が4790円(800円割引)、12時30分発は一般価格6390円が5590円(800円割引)。成田発沖縄行きにおいては、19時発の便で一般価格6490円が5940円(550円割引)だった。さらに9月28日の成田発関西行きでは、11時50分発・14時発・20時25分発は一般価格4290円が3990円(300円割引)となっていた。ただ、全ての便が対象になっているのではなく、成田発は午後から夜にかけての便、成田着は午前中の便に設定されていることが多いが、成田〜関西線では日によっては全便に設定されていることもあった。

No image

「Club Jetstar」会員価格は青字で表示される

No image

成田空港では第3ターミナルからの発着となる

また、ジェットスター・ジャパンの国際線(台北・香港・マニラ・上海)やジェットスターの成田〜ケアンズ・ゴールドコースト、関西〜ケアンズ線も対象となる。ジェットスター・ジャパンによると、ベトナムを拠点とするジェットスター・パシフィック以外のジェットスターグループ全社で「Club Jetstar」の恩恵を受けることができるようになっている。日本発着の国際線では、国内線に比べると対象便は少ないが、一部便では片道800円〜900円安い会員特別価格で販売されている。10月3日の成田発台北線では一般価格8400円が7500円(900円割引)となっていた。まずは、運賃検索をして会員特別価格の設定があるかどうかを確認してみるといいだろう。

仮に800円割引になる便を選べば、5回で年会費の約4000円の元が取れる計算となる。2.5往復分になってしまうのだが、実は会員価格は会員本人が同行し、一緒に予約をすることで最大5人までの予約が可能となっている。同行者の家族はもちろん、家族以外の友人や仲間でも問題なく、会員特別価格で購入できるので家族やグループで出かける機会があり、会員特別価格で購入できる便を選べばすぐに元を取ることができる。また、1人利用が中心でも頻繁にジェットスターを利用するのであれば元が取れるだろう。

No image

ジェットスター・ジャパンの機内

加えて、預ける手荷物がある場合(機内持ち込みは7キロまで)や事前座席指定をする場合(事前座席指定をしない場合はチェックイン時に座席が自動的に割り当てられる)には、オプション料金が必要になるが、予約と同時にこれらのオプション類を追加する場合に通常の20%割引となる(全路線・全便が対象)。例えば15キロを預ける場合(通常期)、成田〜関西・福岡では1500円のところ1200円に、成田〜札幌では1550円のところ1240円に、成田〜沖縄では1650円のところ1320円に割引される。また、座席指定においても480円〜1280円(国内線)が20%割引となる。

これだけでも年会費分以上にお得になる人も多いと思うが、それ以外にメリットがあるのが一部のセールを通常の発売開始日よりも先行して購入できる点。9月26日から発売された「スーパースターセール」においては、「Club Jetstar」会員は前日25日から発売開始となり、かなりの確率で国内線片道2990円というセール運賃で購入できた。既に同じくLCCのピーチも年会費5400円の有料会員「Peach Express」に登録することでセール運賃を通常より1日早く買えるようになっているが、セール運賃の争奪戦に早めに参加できることで希望の便がセール運賃で予約できる可能性が高くなるというメリットがあるのだ。

No image

9月のセールでは「Club Jetstar」会員は一般よりも1日早くセールが購入できた

年間で何度もジェットスターを利用する人にとっては、有料会員「Club Jetstar」に入会するメリットはありそうだ。

取材・文/鳥海高太朗

航空・旅行アナリスト、帝京大学航空宇宙工学科非常勤講師、ANA「What's up? ANA」社外編集者。文化放送「オトナカレッジ」金曜日(月2回)に出演中。

■連載/鳥海高太朗のTRAVEL HACKS!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【魔改造】スーパーバイク「スズキ・GSX−R1000」のエンジンを積んだ自動車の走行音が大迫力すぎてヤバい
印字も読めないボロボロのICカード乗車券、きれいになる?
ボロ物件で家賃年収2000万へ! 現金200万円以下で買える物件で不動産投資に成功した男
【速報】福岡ソフトバンクホークス、CS突破おめでとう!記念セールが続々開催
日産、トミカの販売中止 アクセス殺到でシステム不具合
  • このエントリーをはてなブックマークに追加