18年ACL組み合わせ決定!J1王者の川崎Fは蔚山、メルボルンと同組に

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/06

日本サッカー協会は6日、クアラルンプールで抽選が行われた来年2月開幕のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグの組み合わせを発表し、東地区のJ1王者・川崎Fは蔚山現代(韓国)、メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)とともにF組に入った。

リーグ2位の鹿島はシドニーFC(オーストラリア)、上海申花(中国)と同じH組。いずれもプレーオフ勝者が加わり、4チームとなる。

日本の第2代表となる天皇杯優勝チームは広州恒大(中国)、済州ユナイテッド(韓国)、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)と同じG組に入ることになった。リーグ3位でプレーオフに回る予定のC大阪は天皇杯で優勝した場合のみG組に入る。その場合、同4位の柏がプレーオフの出場資格を得る。

全北現代(韓国)、傑志(香港)が入ったE組は残り2つがプレーオフ勝者枠。日本勢のプレーオフ出場チームは勝利した場合、この組に入ることになった。

日本勢のプレーオフは来年1月30日に開催され、東地区の1次リーグ第1戦は2月13、14日に開幕する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
追い付かれても突き放す...夏の全国王者・法政大、びわこ大に競り勝ちベスト4進出!
小林悠が先制PKも...日韓戦38年ぶり4失点で韓国に逆転V許す
関東勢連破や!貫禄「レオ」弾には劇的「レオ」弾!!関大がPK戦で順大撃破、7年ぶり4強へ
「最初、ふざけんなよと」 日本代表FW小林が明かす、韓国戦“PK弾”の舞台裏とは?
後半に中野誠也投入も前回王者・筑波大が敗退...初出場・東京国際大がPK弾を守り切りベスト4進出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加