フランスとの注目の一戦へ...独代表レーヴ監督「どの選手がどこまでやれるか見たい」

フランスとの注目の一戦へ...独代表レーヴ監督「どの選手がどこまでやれるか見たい」

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/11/13
No image

フランス代表戦に向けて意気込みを語ったレーヴ監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

14日のフランス代表との親善試合に向け、ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーヴ監督が意気込みを語った。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えている。

11日に行われたイングランド代表との親善試合では、見せ場を作りながらもスコアレスドローに終わったドイツ代表。強豪国との戦いが続くことになるが、レーヴ監督はフランス戦を前に「いったいどの選手が、どのレベルで戦うことができるのか。それを見てみることになる」と狙いを語った。

すでにドルトムント所属のマリオ・ゲッツェの起用は明言しており、さらにイングランド戦での出場を見合わせたレアル・マドリード所属のトニ・クロースをはじめ、ユヴェントス所属のサミ・ケディラも先発出場を果たす可能性があると見られている。

フランス代表といえば、ユーロ2016の準決勝で辛酸を嘗めた相手。しかしパリ・サンジェルマンに所属するユリアン・ドラクスラーは「もちろんその意識はあるし、あの時は悔しかった。でもそこまでリベンジの気持ちがあるわけではないさ。注目のカードであることに代わりはないけれど」との見方を示している。

またそのフランス代表の印象について、ボルシアMG所属のマティアス・ギンターは「特にオフェンス陣では高いクオリティがあり、とてもスピードがあるチームだね」と警戒。「だからできるだけゴールから相手を遠ざけるようにしていかないと」と抱負を語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
メッシが先発外れたバルサ、ユーベとスコアレスも14季連続ベスト16進出(16枚)
豪華すぎる「W杯欠場オールスター11人」 大会公式ファン投票...香川や岡崎の同僚選出
チアゴ また長期離脱の可能性
なぜ平然とハンド? GKが仰天の珍プレーで一発退場、海外唖然「ばかげている」
高徳が選ぶ代表ベスト11...直近招集外の“ビッグ3”からは2人を選出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加