ecbo、沖縄・国際通りで荷物預かりサービス 沖縄ツーリストと連携

ecbo、沖縄・国際通りで荷物預かりサービス 沖縄ツーリストと連携

  • Traicy
  • 更新日:2017/08/10
No image

ecboは沖縄ツーリストと連携し、荷物預かりサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を沖縄県那覇市の国際通りを拠点にスタートさせた。

観光案内所「OTSメンバーズラウンジ」「OTS離島マルシェ」、Tシャツ屋「コスミック」、パワーストーン専門店「ティダノワ」など20店舗で利用ができる。料金は最大辺が45センチ以下のバッグサイズは1日300円、最大辺が45センチ以上のスーツケースサイズは1日600円。

No image

「ecbo cloak」は1月に東京都内でスタートした、「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」をつなぐシェアリングサービス。4月に京都、5月に大阪、6月に福岡でサービスを開始している。

ecboでは、今後、沖縄県全域にサービスエリアを拡大し、加盟店舗を増やしていく計画。札幌や名古屋など日本全国にサービスを展開し、2017年度内には全国10,000店舗の加盟を目指す。アプリのリリースも予定している。

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「世界のSEIKO」失われた輝き...東京五輪で公式時計に不採用、盟友エプソンと腕時計戦争
「マックVSマクド」 ツイッター上での決着は...
総合商社が"不要論"を乗り越えられた理由
「人手不足倒産」が日本を襲い始めた...「求人難倒産」、前年比2倍のペース
「化け物」ゾゾタウン、「とにかく買わせる」仕掛けの秘密...有名ブランドも大挙して出店
  • このエントリーをはてなブックマークに追加