オンキヨー炊飯器のふたスピーカーに

オンキヨー炊飯器のふたスピーカーに

  • ASCII.jp
  • 更新日:2017/10/13
No image

オンキヨーは13日、タイガー魔法瓶の炊飯ジャー「土鍋圧力IH炊飯ジャー<THE炊きたて>JPG-X100」(発売中)に、同社開発の加振器「Vibtone」シリーズが採用されたと発表。天面全体をスピーカーとすることで、高品質でクリアな音声・メロディーの再生を可能にしているそうです。

同社によれば、家電製品には振動板を用いたスピーカーユニットが使われてきましたが、防水性や気密性を必要とする製品が多いため、製品自体に音の出口にあたる穴をもうけることがむずかしく、ユニット本来の再生音をじゅうぶんに発揮することができませんでした。

そこで該当製品では、炊飯ジャーのふたにあたる銘板を振動させることで音をクリアに鳴らせるように工夫をしたのだそうです。炊きあがり時のお知らせ音などの再生音質は、心地よく耳ざわりのない音を実現しているということ。

最初は何を言われているのかよくわからなかったのですが、説明されると納得です。店で見かけたら炊飯器の音質をたしかめてみたいですね。

■関連サイト

タイガー 土鍋圧力IH炊飯ジャー〈THE炊きたて〉JPG-X

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ダイレクトに充電できるUSB電池、そら便利に決まってるでしょう
国立天文台が作った「宇宙の広さを体感できる映像」がスゴい!!
お金をかけず本格的なARやVRを楽しめるエレコム『JC-VRR02VBK』で遊んでみた!
ASJ Research Memo(6):画期的な独自技術の開発を進める
身支度をしながら鏡でネット! 500以上のアプリが使えるスマートミラー「Eve」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加