最新ランキングをチェックしよう
慢性赤字から回復の兆し? 公営ギャンブルにファンが戻った理由とは

慢性赤字から回復の兆し? 公営ギャンブルにファンが戻った理由とは

  • ZUU online
  • 更新日:2017/12/07

趣味の多様化やファン層の高齢化を受け、競輪・競艇・オートレースといった公営ギャンブルは売上減少と赤字体質に苦しみ、中には撤退する自治体も出てきた。それがここ最近回復の兆しが見えいてるという。ネットの活用や関係者の営業努力が功を奏した結果だ。■もともとは戦後復興時が始まり地方競馬は戦前より行われてきたが、それ以外の公営ギャンブルは、昭和20年代後半の戦後復興期に、財政難に苦しむ地方自治体の救済策とし

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
阿波踊り、遠藤市長の間違った判断でブランド毀損...来場者激減→巨額の経済的損失か
山口・2歳男児を発見した男性に「飴玉あげないで!」 相次ぐ批判に「始末が悪い」
美ボディ大会、元ブラン娘が限界ウェアで出場「自慢はお尻から太もものライン」
“ファッションリーダー”藤井フミヤが突っ込まれた「痛恨の2カ所」
Webページが「見つかりません」と表示されたら「cache:」と入力しよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加