【高校野球】履正社が初優勝! 星稜・奥川から11安打で5得点、大阪勢が夏連覇

【高校野球】履正社が初優勝! 星稜・奥川から11安打で5得点、大阪勢が夏連覇

  • フルカウント
  • 更新日:2019/08/22
No image

履正社が初優勝を果たした

エース清水、2年生岩崎のリレーで星稜打線を3点に封じる

第101回全国高校野球選手権大会は22日、阪神甲子園球場で決勝戦が行われ、履正社(大阪)が星稜(石川)を5-3で下し、初の決勝進出で初優勝を果たした。前年の大阪桐蔭に続き、大阪勢による夏の甲子園連覇となった。

2回に1点を先制された履正社はその直後の3回、2死から池田、小深田が連続四球を選び一、二塁のチャンスを作った。この場面で、4番の井上が星稜のエース奥川が投じた初球のスライダーを捉えた。快音を残した打球は高々と舞い上がり、バックスクリーン左へと飛び込む3ランとなった。

7回にここまで1失点と好投していたエース清水が星稜打線につかまり同点とされたが、その直後の8回に野口、岩崎の適時打で2点を奪って再び勝ち越しに成功。このリードを清水からバトンを受けた2番手の岩崎が守り抜いて、履正社が歓喜の瞬間を迎えた。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
筒香嘉智(DeNA)を三塁で起用。有事に備えて外崎修汰(西武)。侍ジャパンのメンバーを大予想!
コブクロ小渕、東京2020オリンピックのマラソン日本代表選考レースで国歌独唱
リクエスト制度は「なくなってほしい」 元審判員が求める野球の醍醐味
DeNA・上茶谷、復活7勝!筒香の闘魂注入に応えた
元阪神バッキー氏が死去 69年外国人初の沢村賞、球団外国人最多の通算100勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加