テクトロ、レーダ設計向けワイドバンド・シグナル解析ソリューションを発表

テクトロ、レーダ設計向けワイドバンド・シグナル解析ソリューションを発表

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/11/30

テクトロニクス社は11月30日、800MHzのリアルタイム取込帯域と、全帯域での2時間のストリーミング・ストレージ機能をワンソリューションで実現したワイドバンド・シグナル解析ソリューション「RSA7100A型」を発表した。価格は1780万円(税別)としている。

従来、レーダなどの設計には、広い帯域で変調/パルス解析を行う必要があり、複数のソリューションを組み合わせたり、特定用途の専用機器を使用する必要などがあった。同ソリューションは、700nsの信号を周波数ドメインでリアルタイムにトリガし、測定しながら、自社のRF/ベクトル・シグナル解析ソフトウェア「SignalVu-PC」にて解析を実行することが可能。フル800MHz帯域で内蔵のRAID構成のストレージに最長2時間のストリーミングを記録することができるほか、ワイドバンド信号データが取込まれた際には振幅サーチとマーク・プラス・パルス測定が可能なソフトウェア「DataVu-PC」を用いることで、テラバイトクラスの記録データの中から目的のイベントを検出、マークすることも可能だという。

なお、同ソリューションは、最大200万パルスのパワー、パルス幅、繰返し間隔、スタート・ストップ周波数の特性評価が行え、測定結果はPulse Descriptor Wordフォーマットでエクスポートすることも可能だという。

No image

ワイドバンド・シグナル解析ソリューション「RSA7100A型」の外観

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女の子にマッサージも アダルトゲーム「VRカノジョ」が最新VRコントローラー対応で、“手”で触れるプレイが可能に
マリファナや野菜を自宅で簡単に育てられる全自動栽培ボックス「Leaf」
見よ、この小ささ! 指でつまめる防犯カメラは機能も充実しているのだっ!
日本の不思議な音響技術がつまったスピーカー「pavé」を聞きに行ってみた
AmazonサイバーマンデーセールにAnkerが登場!バッテリーやスピーカー、伝説のポータブル電源まで3日間日替わりでセールを開始!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加