交錯した西に「まだ若いな」。PK奪取で見せた興梠慎三の円熟味

【浦和】交錯した西に「まだ若いな」。PK奪取で見せた興梠慎三の円熟味

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2016/11/30
No image

決勝点となるPKを奪った興梠。「駆け引きで上手く勝てた」とPKのシーンを振り返った。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

[JリーグCS決勝 第1戦]鹿島 0-1 浦和/11月29日/カシマ

膠着状態が続いた試合の均衡を破ったのは、駆け引きに長けた興梠慎三の円熟味溢れるプレーだった。

57分、柏木陽介が放ったクロスに対して、ペナルティエリア内に走り込んだ興梠と鹿島の右サイドバック西大伍が交錯。主審はホイッスルとともにPKスポットを指した。
「FWとしては駆け引きで上手く勝てた。そんなに激しいタックルではなかったですけど、自分はボールを見ていた。フッと力が抜けているところに(西が)ポンと来たんで上手く倒される形になった」

ほんの一瞬の接触だったが、クロスに飛び込むタイミング、位置取りがひとつでもズレていれば、DFに対してイニシアチブをとれずPKの判定には至らなかっただろう。まさに経験を積んだストライカーにこそなせる業だった。

試合後に話したという古巣の後輩には、「(西)大伍とも喋ったけど、『まだ若いな』と(笑)」。

興梠が倒されて得たPKは、主将の阿部勇樹がきっちりとゴールネットに収め、これが決勝点となった。

鹿島のタイトな守備に苦しめられ、なかなかチャンスを見出せない試合ではあったが、「今日は俺ら前3人がディフェンスを頑張ったので、鹿島は中盤でパス回しが出来なかったと思う。自分たちもあまりパス回しはできなかったけど、それがこういう大きな舞台では起き得る状況だと思うし、ダメならダメなりに状況を変えないといけない」と語り、試合巧者の鹿島に対し、臨機応変な対応ができたことにも胸を張った。

【PHOTOギャラリー】浦和が阿部の決勝ゴールで先勝!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
J1昇格にはあと一歩及ばずも...創設13年、岡山で育ち続ける確かな「希望」
J2松本の反町監督は続投「チャレンジを」
J1昇格逃した松本、反町監督の続投を発表
【蹴球日本を考える】なぜ浦和は“勝負弱い”ままなのか?
元日本代表FW玉田がC大阪退団「来年も応援する」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加