「SNSのアイコンから性格を見極める方法」に共感殺到 相席スタート・山崎ケイが分析「あるある過ぎる」

「SNSのアイコンから性格を見極める方法」に共感殺到 相席スタート・山崎ケイが分析「あるある過ぎる」

  • モデルプレス
  • 更新日:2017/11/12

【ニノさん・山崎ケイ/モデルプレス=11月12日】お笑いコンビ・相席スタート山崎ケイ(※「崎」は正式には「たつさき」)が、12日放送の日本テレビ系バラエティ番組『ニノさん』(毎週日曜ひる12:45~ ※関東ローカル)に出演。SNSのアイコンについて持論を展開した。【モデルプレス】

No image

(写真 : 山崎ケイ (C)モデルプレス)

恵比寿★マスカッツ夏目花実×相席スタート山崎ケイの掛け合いが“ギリギリ”すぎる…共演者羨むコンビネーション?

この日の放送では、世の中を斜めに見る芸能人が独自の観察眼を披露。

山崎は「SNSのアイコンからその人の性格を見極める方法」を紹介した。

◆「幼少期記念写真型」はかまってちゃん

山崎曰く、SNSのアイコンは「2ショット自撮り型」「幼少期記念写真型」「風景withワタシ型」「ペット・食べ物愛好型」「初期設定デフォルト型」「My似顔絵型」「モノクロ加工型」の7つに分類できるそう。

女性に多い「幼少期記念写真型」について、「自撮りを載せて、イジられたり、『自分のこと可愛いと思ってる』って言われないようにしながら、自分の事も見てほしいっていう。最終的には自分の写真を使っているから、1番“かまってちゃん”なんじゃなかと」と分析。「上手く『過去』っていうワンクッションを置いてますよね」と納得していたバカリズムが「こういう人って、成人式の時に、自分の成人式の写真を載せて『成人式を迎えたみなさま、おめでとうございます』とか言う」「SNOWの写真も『やってみた』っていって載せる」と具体例を挙げた際には、山崎ほか“斜めに見る”芸能人たちも大きく頷いていてた。

◆「風景withワタシ型」のテクニック

また、ビールジョッキを持った女性の2ショットを例に持ち出して「2ショット自撮り型」を紹介。山崎が「これ右の子の方がキレイじゃないですか、だから右のこのアイコンです。なかなかしたたかな女ですよ。自分の映りのいい写真なんですから」といい、「これだけじゃないんです、『ビールも行けますよ』みたいな。“女の子女の子”しているんじゃなくて、『私、1杯目からビールいってポン酒いっちゃいます』みたいな」と読み取り方を説明した。

さらに、「1番多いかも」という「風景withワタシ型」については、「自分が全面的に主張しているわけではないので、防衛能力が高い。顔があんまり大きく映らないから、拡大しても可愛いか不細工かわかりにくいので、ディスられにくい。でも、私のアイコンだよってことも主張できている」とのこと。山崎自身も「風景withワタシ型」だそうで、「脚を見せることで顔から視線もずらせる。後、普段は落ち着いているように見られるけど『海に行ったらはしゃぐよ』っていうのも…」と解説した。

◆分類は「イジられたくない」思いから

さらに、「みんなイジられたくないんですよ、それの手段が“どう”なのかがコレ(分類)。いかにナルシストかに思われないか」と改めて7つの分類について言及したバカリズムは、「My似顔絵型」だそうで、山崎は「恥ずかしがり屋さんだ」とニヤリ。

森三中・黒沢かずこも「似顔絵」を使っていることを明かしたが、「チュートリアルの福田さんに似せた似顔絵なんです。男か女かバレたくないんですよ」とも明かし、「ねじれている」とツッコまれていた。

◆二宮和也は「ペット・食べ物愛好型」

そして、番組レギュラーの二宮和也が「ペット派」だと知り、「つまんない男。ペットの写真を載せられたら何も悪口言えない」と肩を落とす山崎。

「じゃあデフォルトでいいんじゃない」という二宮の言葉には「1番闇が深い、考えすぎた人の結果。『こうしたらこう』って考えすぎた結果、もうこのままにしようっていうのは1番悪口のパターンを考えているってこと」とレクチャー。「(デフォルト型は)男の人に多いのでは」という疑問には、「『こういうのこだわらない」みたいのが、逆に強い自己顕示欲」と返していた。

◆「モノクロ加工型」は守備力が低い

最後、最も守備力が低いと語る「モノクロ加工型」についても分析した山崎。「カメラ目線でもないし、誰が、いつ、どこで撮ったのみたいな写真、これが1番ナルシスト。オシャレぶってますけど、こんなのアプリで簡単にできる加工ですから。アーティスティックに見られたい人とかなので『すごいカッコいい』とか言えば良い人」と痛烈なコメントを並べた。

◆視聴者から共感の声

山崎がプレゼンした「SNSのアイコンからその人の性格を見極める方法」には、「今日のニノさん超面白かった。そして核心を突かれた…」「どれも分かる!かまってちゃんなのは自覚があるもん」「よく見るのばっかりだった(笑)」「ケイさんとバカリズムさんの解説があるある過ぎたと共感している視聴者も多数。

「俳優やタレントをアイコンにしている人の分析もお願いします」「これだけで1時間番組できそう。また見たい」などさらなる分析を求める声も上がってた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
さかなクンが水族館へ描いた即興の絵が「すごすぎる」と反響続々
「俺、出たくない」ワンオクが紅白出場を徹底拒否する理由
真木よう子、降板の裏に「新たなスキャンダルを週刊誌がキャッチ」の噂
ヤバさしかない...「ドザえもん展」開催
「星野源は悪評だらけ」テレビ局、音楽関係者をあぜんとさせた“横暴エピソード”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加