西武10年オフには岸ら6人保留、涌井は年俸調停に

西武10年オフには岸ら6人保留、涌井は年俸調停に

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/06
No image

球団提示を保留し、会見に臨んだ西武山川

西武山川穂高内野手(26)が5日、メットライフドーム内で契約更改交渉に臨み、球団提示を保留した。

◆契約交渉の保留 西武では10年オフに岸、涌井、中島ら6人が保留して以来。岸は出来高導入を、中島は翌年のポスティング移籍容認を要望もかなわず保留した。涌井は球団の現状維持(2億2000万円)提示を、交渉した4度すべて保留。年俸調停の末、翌11年1月に3300万円増で決定した。ちなみに、12球団で最近保留した選手が出ていなかったのは、西武と同じ10年オフのロッテで、古谷の保留が最後。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷、栗山監督との“Xmas対決”で別れ ファンに移籍報告
大谷サンタ、Xマス公開会見!札幌ドームでファンに最後のプレゼント
妻・詩織さんが明かす「石井琢朗が広島からヤクルトに移籍した理由」
ラスト大谷に3万人超!? Xマス会見に殺到予測
大物選手が対象となったケースも...パの「人的補償による移籍」を振り返る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加