杉咲花が釜山国際映画祭でフェイス・オブ・アジア賞を獲得

杉咲花が釜山国際映画祭でフェイス・オブ・アジア賞を獲得

  • ナタリー
  • 更新日:2017/10/14

メアリと魔女の花」で第22回釜山国際映画祭に参加した杉咲花が、フェイス・オブ・アジア賞を受賞した。

No image

「メアリと魔女の花」

No image

同映画祭のワイド・アングル部門にて上映された本作は、米林宏昌が監督を務めたスタジオポノック第1回長編作品。杉咲は主人公のメアリに声を当てている。本日10月13日に韓国・ソヒャンシアターセンタムシティにて行われた韓国プレミア上映に、杉咲は米林とプロデューサーの西村義明とともに出席した。

アジアでの活躍が期待される俳優に授与されるフェイス・オブ・アジア賞を獲得した杉咲は、「私が大好きな『メアリと魔女の花』という作品で、この映画祭に参加させていただくことができてすごく光栄に思っています。アジアの作品が大好きなので、ここに来れたことも幸せですし、チャンスがあればアジアの作品に参加できるよう、これからもがんばっていきたいと思います。本当にありがとうございました。カムサハムニダ」と語った。

「メアリと魔女の花」は、12月に韓国での公開を予定している。

(c)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
若き日のハン・ソロを描く映画、正式タイトル発表――‘Solo: A Star Wars Story’ は来年公開へ
川栄李奈、『KUBO』吹き替えで悪役に挑戦「テンションがあがりました(笑)」
動物写真家・岩合光昭が教える「猫に嫌われないコツ」とは?
河森正治監督が最新作『重神機パンドーラ』に込めたテーマともう一つの挑戦
太賀、活動していたバンド名「ヌードトランプ、ゴールドアンダーヘアー」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加