モーグル堀島行真、帝王キングズベリーに技勝負挑む

モーグル堀島行真、帝王キングズベリーに技勝負挑む

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/13
No image

スイス合宿から帰国した堀島

金メダルへの勝負手に出る。フリースタイルスキー・男子モーグルの堀島行真(19=中京大)が12日、スイス合宿から帰国し、来年2月の平昌五輪では「ダブルフルツイスト(伸身後方宙返り2回ひねり)」と「コーク1080(横3回転)」と最高難度のエアを並べる意向を明かした。

それはW杯種目別6連覇、歴代最多42勝のミカエル・キングズベリー(カナダ)と同じ構成となる。「まだレベルが違うのですけど、超えられるように練習します」。2冠だった世界選手権は「コーク1080」と「コーク720(横2回転)」と技の難度を下げ、スピードを重視した。金メダルを獲得したが、それはキングズベリーのミスに助けられた結果。平昌でも最強王者が同じ過ちを犯す可能性は低い。だからこそ難度を上げ、同じ技で真っ向勝負を挑む。合宿では同じ練習場をキングズベリーが滑っており「スピードが上がっている」と驚きを受けた。残り4カ月。再び頂点への可能性を模索する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生、4回転ルッツ成功に熱視線 ロシア杯フリー瞬間最高25・4%
羽生結弦らエキシビションで華麗な舞い ファン魅了
羽生結弦が見せた「セクシーすぎる」仕草にネットで賛否両論
スノボ選手・竹内智香がたとえ負けても「大きなモチベーション」になるもの
樋口、充実の3位 スピード感あふれる演技「悔しいところはあるけど安心した」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加