最新ランキングをチェックしよう
“浦の分まで”10人が走り抜いた実践学園、DF尾前祥奈「足をつってもいいから」

“浦の分まで”10人が走り抜いた実践学園、DF尾前祥奈「足をつってもいいから」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/11/13

[11.11 選手権東京都Bブロック予選決勝 國學院久我山高 0-1(延長) 実践学園高 駒沢]

 まさに死闘だった。実践学園高は後半31分にMF浦寛人(3年)が一発レッドで退場。1人少ない状況で残り時間を戦うことになったが、ピッチ上の10人はその逆境で覚悟を決め、奮い立った。主将DF尾前祥奈(3年)は「“浦の分まで”とピッチの中でみんなが叫んでいた」と振り返る。

 1人減ってからの勢いは圧巻

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
『欅坂46』今泉佑唯が「半ケツ写真集」に込めた“最後の抵抗”とは
久保建英「初戦に集中したい」マレーシア合宿の実戦でもゴール、調子上げて北朝鮮戦へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加