ベストマッチョ積極策で完封/ジャニュアリーS

ベストマッチョ積極策で完封/ジャニュアリーS

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14
No image

ジャニュアリーSを制したベストマッチョ(撮影・丹羽敏通)

<ジャニュアリーS>◇13日=中山◇オープン◇ダート1200メートル◇4歳上◇出走15頭

2番人気ベストマッチョ(せん5、手塚)が押し切った。最後方から差し込んで3着に入った前走のオータムリーフSから一転、この日は3番手からの積極策で後続を制した。勝ちタイムは1分10秒4。

コンビ2戦2勝の内田騎手は「外からかぶされるのが嫌だったので前に行った。理想的な形で運べたね。強かった」と喜んだ。今後は2月11日東京のバレンタインS(オープン、ダート1400メートル)を視野に入れる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
獣医さんもがんばったけど動物たちもがんばった。精魂尽き果てた感のある動物病院帰りの動物たちの表情
クロちゃんの連日の”嘘ツイート”疑惑、ついに医師にまで疑われてしまう事態に
【!?】ダイソー200円イヤホン、ひと手間で「3万円クラスと戦えるようになる」説が話題
行方不明の田中蓮ちゃんか 福井・九頭竜川で遺体
小室哲哉、謝罪会見で引退発表 不倫疑惑の責任感じ「決意しました」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加