アイホ久保V弾!北の大声援「自分たちの応援だと」

アイホ久保V弾!北の大声援「自分たちの応援だと」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/14
No image

日本対コリア 第1ピリオド、先制ゴールを決めて喜ぶ久保(中央)ら(撮影・PNP)

<ピョンチャン五輪・アイスホッケー:日本4-1コリア>◇14日◇女子1次リーグ

すでに1次リーグ敗退が決まっている日本代表「スマイルジャパン」は2連敗で迎えた同リーグ最終戦で、韓国、北朝鮮の合同チーム「コリア」を破り、五輪初勝利を飾った。

98年長野から五輪では通算12戦全敗となっていたが、意地の初勝利で歴史を塗り替えた。

日本は試合開始直後の第1ピリオド(P)1分、FW久保がゴール裏からのパスに合わせ先制した。

さらに同3分にはパワープレーから、ゴール前のリバウンドをFW小野が押し込んで2点目を奪った。

第2Pに入り11分、コリアのグリフィンが反撃のシュート決め、コリア・チームの五輪初得点で1点差と詰め寄られた。

しかし、第3Pに入ると日本は攻撃の手を緩めず、小池、浮田が追加点を奪い試合を決定づけた。北朝鮮の「美女軍団」も駆けつけるなど、厳しいアウェーだったが久保は「(日本語ではないので)何を言っているのか分からない。自分たちの応援だと思ってできた」。その上で「記録的には(五輪初勝利と)残るけれど、もっと上のレベルにしていきたい。この1勝で満足せず、5位を目指したい」と意気込んだ。

次戦は18日、5~8位決定予備戦に臨む。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
開幕スタメンに大抜擢! Jデビューの藤本寛也、ルーキー“らしからぬ”存在感発揮
カーリング女子。マナーを知らぬ韓国ファンが、逆に日本の勝利を呼ぶ
混複でカー娘バトル!3月日本選手権で世界切符争うライバルに/カーリング
女子カーリング、銅メダル獲得!藤澤ら貫いた“カーリング精神”とは
<平昌五輪>女子カーリング、日本が初の銅メダル=韓国ネットも祝福「おめでとう」「すごい精神力」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加