小平 美帆とダブル表彰台も「もう一段高いところだったら最高だった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/14

平昌冬季五輪は14日、スピードスケート女子1000メートルが行われ、同種目の世界記録を持つ小平奈緒(31=相沢病院)が1分13秒82で銀メダルを獲得。悲願の金メダルはならなかったが、銅メダルの高木美帆(23=日体大助手)と日本人ダブル表彰台を達成した。

同種目で今季W杯4戦3勝と圧倒的な強さを見せ、平昌でも金メダルが期待された小平。「順位やメダルよりも氷としっかり対話して、自分の好きなように氷を味わおうと思っていた」と明かし、「600メートルまではかなりいい形で来れた。最後は少し落ちてしまったが、諦めずにゴールラインの先まで実力は出せた」と淡々とレースを振り返った。

銅メダルの高木美と日本人ダブル表彰台を達成。心境を聞かれると「もう一段高いところだったら最高だった」と少し悔しさを見せ、「お互いに残すはあと1種目なので、しっかり実力を出し切りたい」と18日の500Mへ気持ちを切り替えていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
小平奈緒に敗れた韓国の李相花、試合当日に睡眠を妨害されていた?韓国で波紋広がる
これが日本人の配慮? 赤ちゃん連れの日本人夫婦が見せた行動に「衝撃」=台湾メディア
真矢ミキ、赤荻アナに「元劇団バカにしてますか?」
ロンブー・田村淳の青学大「全学部不合格」に批判殺到
【報ステ】102歳男性が自殺...東電に賠償命令
  • このエントリーをはてなブックマークに追加