地味でオシャレじゃない!しょんぼり姿の石原さとみに注目『地味スゴ』第9話

地味でオシャレじゃない!しょんぼり姿の石原さとみに注目『地味スゴ』第9話

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2016/11/30
No image

石原さとみが主演を務める日本テレビ系の連続ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(毎週水曜22:00~)。11月30日放送の第9話では、石原演じる河野悦子が、仕事とプライベートの両方が上手く行かなくなり、思い悩む姿が描かれる。

原作は、宮木あや子による小説「校閲ガール」シリーズ(KADOKAWA刊)。オシャレが大好きな悦子は、夢のファッション編集者を目指して出版社に入社。しかし、配属されたのは、超地味な校閲部だった。そこで、小説の些細な点が気になって舞台となる北海道に直行したり、週刊誌が追う事件の真実を確かめに現場に潜入取材したり、時には、矛盾点を作家に訴え内容を大幅に変更させるなど、校閲の仕事を超えて大暴れ。「……あれ? この仕事、地味にスゴイ?? いえいえ、私がなりたいのはファッション編集者ですからッ!」と思いながら、今日も“ド派手ファッション”という戦闘服に身を包み、校閲の仕事に立ち向かっていく。

第9話では、子ども向けの月刊誌「こどものべる」が好評を受け、景凡社の社内報に取り上げられるが、その記事では編集担当の貝塚(青木崇高)だけが評価されていた。校閲を担当した悦子は、校閲の存在が無視されていることに不満を抱く。

そんな中、ファッション誌「Lassy」を担当する校閲者たちの間でインフルエンザが流行し、人手が足りなくなったため、悦子が手伝うことに。憧れの「Lassy」編集部での仕事に、悦子は大張り切り。しかし、雑誌の校閲は短い時間で仕上げなければならず、普段やっているように納得いくまで事実確認をすることができない。その上、細かい文字確認が多く、書籍の校閲とはまた違う大変さがあり、悦子は苦戦する。かたや高校時代の後輩・森尾(本田翼)は「Lassy」の編集部員として大きな仕事を任され、生き生きと働いていた。そんな森尾の様子を目の当たりにして、悦子は校閲の仕事に劣等感を覚える。

一方、プライベートにおいても悦子と幸人(菅田将暉)の関係は相変わらず、あいまいなままだった。幸人が何を考えているのか分からず、悩む悦子。さらに、貝塚から「森尾が幸人のことを密かに想っている」と聞かされ、ショックを受ける。恋愛もうまくいかない上に、雑誌校閲の仕事でつまらないミスをするなど、仕事にもやりがいを持てない悦子。彼女は、校閲部員たちを驚かせるほど地味な服装で出社したりと、すっかり元気を失くしてしまう……。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴コカイン吸引報道の裏に業界のねたみ
問題動画流出のJKTメンバー、卒業→急転解雇
内田理央が“お尻スケスケ”ショットの裏話を明かす
りゅうちぇる“心霊写真”のガチ鑑定結果発表
成宮寛貴より真っ黒?当局が本丸で狙う大物”美女アスリート”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加