イメージワン---大幅反発、東北大と長期間不整脈解析に関する共同研究開始

イメージワン---大幅反発、東北大と長期間不整脈解析に関する共同研究開始

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/18
No image

株式会社フィスコ

大幅反発。東北大学の小児科、コールメディカとの間で、同社が製造販売するテレメトリー式心電送信機「duranta」の特徴を活かし、短期間の観察では発見できない不整脈の検出、心電図波形や心拍数の変動を解析し新たな解析手法の開発につなげるための共同研究を開始したと発表している。durantaは離れていても心拍モニタリングが可能で、在宅での検査を行うことで特に乳児・小児本人や家族の負担軽減を図る。

<HK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
ニッポンの自動車史に名を刻んだオモシロ軽自動車大集合!
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
ブレーキと間違えアクセル踏み込んでも急発進せず 「ペダルの見張り番」
シトロエンの超個性派SUV『C4カクタス』が日本上陸
  • このエントリーをはてなブックマークに追加