通常国会7月8日まで18日間延長へ 政府・与党が最終調整、カジノ法案の成立を期す

通常国会7月8日まで18日間延長へ 政府・与党が最終調整、カジノ法案の成立を期す

  • 産経ニュース
  • 更新日:2018/06/14

政府・与党は、6月20日に会期末を迎える今国会を7月8日まで18日間延長する方向で最終調整に入った。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案や、安倍晋三政権が最重要法案に掲げる働き方改革関連法案などの確実な成立を期す。複数の与党幹部が13日、明らかにした。

自民、公明両党の幹事長と国対委員長は13日夜、東京・赤坂の日本料理店で会談した。会期の延長幅を含め終盤国会の対応などについて協議したとみられる。

与党が重視するのはIR実施法案の審議日程だ。15日にも衆院内閣委員会で可決し、本会議採決を経て参院に送付する見通し。しかし、参院内閣委は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)関連法案など他の法案審議が詰まっており、20日までの成立は厳しくなっている。

また、与党は来週、働き方法案の参院採決に踏み切り成立させる構えで、法案に盛り込まれた「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」に反対する立憲民主党などの野党の反発が強まることは必至。内閣不信任決議案提出など審議の遅延戦術も予想される。

与党内には1カ月程度の大幅延長論もあったが、野党による安倍政権の不祥事追及の時間が増えることへの懸念もあり、野党側の動きなどを慎重に見極める。

与党は今国会中に、受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案や、参院選「一票の格差」是正などに向け定数を6増する公職選挙法改正案の成立も目指す。

No image

13日午前、国会(春名中撮影)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【平成30年史 政界再編・インタビュー】細川護煕元首相「安倍さん、頑張っているが強引」「穏健な多党制へ早く選挙制度改革を」
自民・小泉進次郎氏「政策」で存在感 総裁選の「リトマス試験紙」の側面も
安倍首相「救助救命に全力を」
立川市議選 28人の顔ぶれ決まる、女性は7人
【平成30年史 政界再編(3)】細川政権263日で退陣...「小沢一郎氏VS武村正義氏」今なお残る怨念 税率7%の腰だめ発言、細川護煕氏「これはまずい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加