世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第10回シンガポール編」

世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第10回シンガポール編」

  • TABIZINE
  • 更新日:2016/10/19

TABIZINEライターのsweetsholicです。海外現地の最新スーパー事情をお届けするコラム「世界のスーパーマーケットをめぐる旅」。商品のラインナップやオリジナルエコバッグ、日本とは少し異なるスーパーの利用方法まで、海外旅行の際に知っておくと便利な情報をリレー形式でお届けします!

第10回目は「ここは日本のスーパー?」と思うほど、日本の食材が充実している「シンガポール」編です。

No image

(C)MW

シンガポールのスーパーは日本と似てる?

No image

シンガポールのスーパーでは、お隣マレーシアのスーパー同様のローカル食材から、オーストラリアやニュージーランドからの輸入品が目立つ乳製品、オーガニック食品まで、ありとあらゆるものが揃います。肉や魚も丁寧にパッケージが施されていることが多く、日本国内のスーパーに近い雰囲気です。

シンガポールには「Fair Price」や「Cold Storage」「Sheng Shong」などのスーパーがあり、国内を網羅するMRTと呼ばれる地下鉄各駅の周辺及びショッピングモール内、HDBと呼ばれる公共住宅やホーカーセンター(屋台街)付近に集中しています。「Fair Price」や「Sheng Shong」はローカル色が濃く、「Cold Storage」は欧米の食品なども充実、ワインやリカーなども豊富に揃います。多くは22〜23時頃までの営業となっていますが、24時間営業のスーパーもあります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「育ちがいいんだろうな」と思う男性の名前4つ
リーダーになってはいけない人の3つの特徴
その手があったか!「コンドームエッチ」で気持ち良くなる方法3つ
すらすら〜。手書きロボットの新作動画が、とにかく気持ちいい!
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加