減産合意 ガソリン価格反映は2週間後か

減産合意 ガソリン価格反映は2週間後か

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/12/01
No image

OPEC(=石油輸出国機構)が8年ぶりに減産することで最終合意したことを受け、日経平均株価は大きく値を上げた。

日経平均株価は一時400円以上値を上げ、1万8513円12銭で取引を終えた。終値としては今年1月の年初来高値を更新した。

また円を売ってドルを買う動きが進み1ドル=114円台まで円安が進んだ。これはOPECが減産で最終合意したことで産油国をはじめとした世界経済への不安感が払拭されたため。

一方、今後ガソリンや灯油の価格が上がる可能性があり、石油情報センターによると実際のガソリン小売り価格に反映されるのは2週間後ぐらいからではないかとしている。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「極ZERO」酒税騒動を振り返る 発泡酒? 第3のビール?
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
ユニクロ潜入記者 横田氏解雇される
ドローン操れぬ自衛隊の時代遅れ度 「駆けつけ警護」に死角あり
ユニクロに1年潜入取材してみた!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加