ドルトムント香川、CLレアル戦でゴールをお膳立て 好機でシュート外し2-3惜敗

ドルトムント香川、CLレアル戦でゴールをお膳立て 好機でシュート外し2-3惜敗

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/12/07
No image

オーバメヤンの一列下のポジションで香川は先発、後半にフリックでゴールに関与

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ最終戦が行われ、ドルトムントMF香川真司はレアル・マドリード戦に先発出場。一時は同点となるゴールをお膳立てするなど存在感を発揮して後半アディショナルタイムまでプレーした。なお試合は撃ち合いの末、3-2でレアルが勝利した。

すでにグループステージ敗退が決まっているドルトムントだが、香川はこの日FWピエール・エメリク=オーバメヤンの一列下のポジションに入った。

試合は序盤、レアルペースとなる。前半8分にクリスティアーノ・ロナウドのカットインからのラストパスをMFイスコがターンしようと試みたところ、こぼれたボールをFWボルハ・マジョラルが蹴り込んで先制点を挙げると、その4分後にはFWクリスティアーノ・ロナウドがワンステップでゴール右隅に蹴り込み、グループステージ6戦連続ゴールとなる追加点を挙げた。

いきなり苦しい立場に立たされたドルトムントだが、気を吐いたのは香川とオーバメヤンだった。MFプリシッチのラストパスに反応した香川がフィニッシュまで持ち込みリズムを取り戻すと、同43分にシュメルツァーのアーリークロスにダイビングヘッドで合わせて追撃のゴールを奪うと、後半6分にはトップ下に入った香川が縦パスをフリック。これをフリーで受けたオーバメヤンが一度はシュートを止められたものの、こぼれ球を詰めてこの日2点目をゲット。スコアを振り出しに戻した。

ドルトムントは3位もEL参加権を確保

ドルトムントにとってのアクシデントは2-2の状況だった後半35分に起きた。DFマルク・バルトラが負傷退場し、守備組織にズレが起きたまま1分後、浮き球のセカンドボールをDFテオ・エルナンデスが頭で流し、これにいち早く対応したMFルーカス・バスケスが右足で蹴り込み、レアルに決勝点が転がり込んだ。

後半43分には香川にビッグチャンスが訪れる。ペナルティエリア右でパスを受けると軽やかなターンで相手マーカーを外し、フリーでシュートを放つ。しかしシュートはクロスバーわずか上を超え、同点に追いつくことはできなかった。試合はこのままタイムアップ。ドルトムントは今シーズンのCL、一勝もできぬまま。それでも同時間キックオフのトッテナム対アポエルが3-0でトッテナムの勝利に終わり、グループ3位に。UEFAヨーロッパリーグ(EL)の参加権は確保した。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セルティック、約1年半ぶりの国内公式戦黒星...連続無敗記録は69試合でストップ
ミラン、降格圏に沈むチームに完敗。指揮官は「言い訳はない」と敗北認める
優勝候補スペイン、W杯出場権はく奪!? FIFAから警告も会長は自信
マンチェスター・U、ルカク連発&リンガード弾で2連勝...WBAは16戦未勝利
マンU、終盤ヒヤリもルカク弾などで勝利。2位の座を堅守
  • このエントリーをはてなブックマークに追加