学校向けにミサイル対応の手引きを作成 文科省

学校向けにミサイル対応の手引きを作成 文科省

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/02/14
No image

動画を見る(元記事へ)

弾道ミサイルが発射された場合の避難方法などを記した学校向けの手引きを文部科学省が初めて作りました。

相次ぐ北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて文科省が作成した対応の手引きには、できるだけ窓から離れ、床に伏せて頭を守るなど具体的な避難の方法が書かれています。また、訓練についても実際にJアラート(全国瞬時警報システム)を使って確認するため、学校だけではなく、地元の自治体と連携して行うことを勧めています。文科省は「手引きを参考に学校の危機管理マニュアルの見直しを実施してほしい」としています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】放火殺人で“車中生活”男女4人逮捕
「年金振込額が凄く減ってる!」という苦情はなぜ2月に多いのか
コンビニ店員に多大なストレス?厄介な「成人誌」問題...ミニストップ全店舗撤去の真の狙い
京王井の頭線、下北沢工事で区間運休! →予定より早い運転再開に「スゴい!」
野田総務相“重大な事故”の可能性、ソフトバンク通信障害
  • このエントリーをはてなブックマークに追加