ハリウッド版『AKIRA』新監督交渉がスタート!マーベル映画の新鋭を抜擢か

ハリウッド版『AKIRA』新監督交渉がスタート!マーベル映画の新鋭を抜擢か

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2017/09/20
No image

今なお支持される伝説のアニメーション映画『AKIRA』 - Streamline Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

大友克洋の人気作品『AKIRA』のハリウッド実写版を長年にわたって企画している米ワーナー・ブラザースが、『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ監督にメガホンを託すべく交渉に入ったとDeadlineが独占で報じた。

「AKIRA」は第三次世界大戦による新型爆弾の投下から復興しつつある2019年のネオ東京が舞台の大ヒットコミック。1988年に原作者である大友自身の手でアニメーション映画化され、伝説の作品として世界中のファンを魅了し続けている。

米ワーナーによる実写化企画は、過去に幾度も製作中止や監督交代という事態に陥っている。『ザ・ウォーカー』のアルバート・ヒューズや『エスター』のジャウマ・コレット=セラなどが監督に就任しては降板。また、主演俳優候補としてブラッド・ピットキアヌ・リーヴスの名前がささやかれ、ついには『トロン・レガシー』のギャレット・ヘドランドを主演にすえ、ヘレナ・ボナム=カーター渡辺謙が出演候補に挙がったこともあったがそれも中止に。予想より大幅に予算が上回り、撮影予定だったバンクーバーの同社オフィスが閉鎖されるなど、頓挫する可能性が高いと言われていた。

監督交渉中と報じられたワイティティ監督は、母国ニュージーランドで低予算ホラーコメディー『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』を手掛け、マーベルスタジオの大作に大抜擢を受けた新鋭。ハリウッド版『AKIRA』をめぐっては、現在に至るまで迷走を続けているという印象は拭い切れないが、新たな才能によってようやく日の目を見ることになるのか。

また同作をめぐっては、アジア人の主要キャラクターに白人キャストを起用していることに対して、日系アメリカ人俳優のジョージ・タケイが苦言を呈したことがある。現在ハリウッドでは、まさにこのホワイトウォッシュ問題が注目を浴びており、いざ監督が決定しても、当時以上にキャスティングが難航することは間違いがなさそうだ。実写版について出版元の講談社は「映画『AKIRA』は製作進行中である」としている。(編集部・入倉功一)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【劇場アニメレビュー】設定の変更で先が読めない展開が功を奏す?『宇宙戦艦ヤマト』シリーズ最新作レビュー
桜井ユキが高橋一生と作り上げた“リミスリ”の世界
松坂桃李で「娼年」映画化!衝撃の性描写再び!
フィリップ・K・ディックの作品をドラマ化した『Philip K. Dick's Electric Dreams』最新予告編
元SMAP3人が映画制作へ ジャニーズ退社1カ月
  • このエントリーをはてなブックマークに追加