色彩心理学から学ぶ。やる気を出したいときの服の色は?

色彩心理学から学ぶ。やる気を出したいときの服の色は?

  • MYLOHAS
  • 更新日:2019/03/15

ハーバード大学やNASA、東京大学など国内外の最新研究結果から、科学的に効果が証明された「元気になれる方法」を、毎日ひとつずつご紹介していきます。

No image

image via Shutterstock

赤やオレンジのアイテムを身につける、
身の回りに置くとやる気がわいてくる
(ただし、赤は攻撃的な色に見えるので注意)

(チチェスター大学グリーンリーズらの研究)

人は、身に着けるアイテムによって、モチベーションを高めることができます。色彩心理学では、赤色やオレンジ色は元気が出る色として知られています。今日はちょっと気合を入れたい、という日は、服や小物に赤やオレンジを取り入れて、目につくようにするとよいでしょう。服が難しければ、ハンカチや携帯ケースでもOK。

さらに、夕焼けなど、オレンジ色の景色をみるのも効果があります。部屋の中でキャンドルセラピーもおすすめ。オレンジ色の火からは、癒される効果が得られます。

30日間の「科学的に元気になる方法」をもっと見る

科学的に元気になる方法集めました

1,447円

購入する

科学的に元気になる方法集めました』(文響社刊)

「毎日を元気にしてくれる科学的なノウハウ」全38項目が収録された一冊。厳選されたノウハウは、世界の科学論文などで紹介されている科学的根拠(エビデンス)があり、誰でもどんな環境でも実践できる簡単なものばかり。科学的に「効果あり!」と認められた方法をご紹介しています。

明治大学教授 堀田秀吾

言語学博士。シカゴ大学博士課程修了。ヨーク大学修士課程修了。言語とコミュニケーションをテーマに、言語学、法学、社会心理学、脳科学などのさまざまな学問分野を融合した研究を展開。専門は司法におけるコミュニケーション分析。

色で一日を決めてみる?

発色が魅力的! 華やかな気分になれる「ナチュラルアイカラー」5選

アンダー1000円も! 軽くて大容量で小さくたためるリュック7選

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
花粉症の市販薬で人気の「第2世代抗ヒスタミン薬」、第1世代と何が違う?
かかとの衝撃を吸収してくれる。 無印の新スニーカーが足に優しすぎて...。
既婚女性8割が夫に不満 - 家事分担よりも深刻なことは?
たんぽぽ白鳥、夫・チェリー吉武と寝室を別にしたことを明かす「隣で...」
「2台分のスペースをまだいで駐車しているBMWがあった、ひどい!」→よく見たら責める気になれなかった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加