14歳の少女が発明した、車の死角を無くすシステム。これは交通事故を劇的に減らせる予感

14歳の少女が発明した、車の死角を無くすシステム。これは交通事故を劇的に減らせる予感

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2019/11/07

アメリカ、ペンシルベニア州にあるエイボングローブ・チャータースクールの8年生、14歳のアライナ・ガスラーさんが学生科学コンテストで発表した、車の死角を無くすシステム。

カメラで撮影した外部の映像を、車内の死角となる部分に投影するというシンプルなものだけど、その効果は絶大なもの。

将来的にはガンダムのコックピットみたいに、全方位を視認できるようになってほしい。【オススメ記事】 ヘビすごい。テレビ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加