景気ウォッチャー調査から「株価買いシグナル」を読む方法

景気ウォッチャー調査から「株価買いシグナル」を読む方法

  • MONEY PLUS
  • 更新日:2018/08/16

内閣府が月に1度公表する「景気ウォッチャー調査」は日経平均株価とかなり連動しています。
景気ウォッチャー調査で「現状判断DI」が1ポイントを上回って上昇すれば、日経平均の買いシグナル点灯。その後、1ポイント以上の低下となると売りシグナルに転換、という売買を公表日終値で行ったとします。
現在まで61回シグナルが点灯し、勝率は6割です。旧民主党政権下で勝率が3割と著しく悪化した時期を除くと、7割と高水

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加