藤井四段が名人に初勝利 次は羽生竜王に挑戦

藤井四段が名人に初勝利 次は羽生竜王に挑戦

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/14
No image

動画を見る(元記事へ)

快挙です。史上最年少のプロ棋士・藤井聡太四段(15)が佐藤天彦名人(29)と公式戦で初対局し、勝利しました。

藤井四段にとって地元・愛知で初の公式戦になった「朝日杯将棋オープン戦」には、多くの将棋ファンが詰め掛けました。14日午後からの2回戦で佐藤名人と対局し、序盤は苦戦したものの勝利しました。
藤井聡太四段:「佐藤名人に勝つことができたのは、とても自信になった。(次戦で)羽生先生と戦えるのは、とてもうれしいことです」
来月17日に東京で行われる準決勝では、国民栄誉賞が決まった羽生善治竜王との公式戦、初対決が実現します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ガンバ革新】高校2年生の大器、中村敬斗はなぜ浪速の雄を選んだのか
横浜FMの新たな翼。アン・ジョンファンに憧れる韓国代表MFユン・イルロクとは何者か
新潟、元世代別ブラジル代表FWターレスの加入を発表...185cm93kgの22歳
小林、杉本、興梠・・・ J1得点ランク上位3人は何本のシュートを放ったのか
スケールは稲本、福西クラス。U-21最年少の伊藤洋輝が衝撃プレー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加