最新ランキングをチェックしよう
乗ったら終点、駅ふたつしかない鉄道なぜ誕生? 東西2社、共通点は「トンネル」

乗ったら終点、駅ふたつしかない鉄道なぜ誕生? 東西2社、共通点は「トンネル」

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2017/12/07

「沿線」は空港のなか 途中駅がなく、起点と終点のふた駅間だけを営業するという鉄道会社が、関東と関西にあります。京成線内を走る芝山鉄道の3500系電車。京成からのリース車両(画像:裏辺研究所)。 そのひとつが千葉県の芝山鉄道(芝山町)です。2002(平成14)年に開業した東成田~芝山千代田間わずか2.2kmの芝山鉄道線を営業し、「日本一短い鉄道」を名乗っています。誕生の経緯を同社に聞きました。
――

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
露軍爆撃機2機が北方領土から沖縄まで飛行
カンボジア全土の道路と橋の管理システムを構築-JICA
【報ステ】プラスチック加工工場で火災...群馬
【報ステ】102歳男性が自殺...東電に賠償命令
野田総務相“重大な事故”の可能性、ソフトバンク通信障害
  • このエントリーをはてなブックマークに追加