浦和、J1年間首位の意地で鹿島に先勝。アウェイゴール奪いCS決勝第2戦へ

浦和、J1年間首位の意地で鹿島に先勝。アウェイゴール奪いCS決勝第2戦へ

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/11/29
No image

浦和レッズがCS決勝第1戦制す【写真:田中伸弥】

【鹿島アントラーズ 0-1 浦和レッズ JリーグCS決勝第1戦】

明治安田生命Jリーグのチャンピオンシップ決勝第1戦が29日に行われ、鹿島アントラーズがホームに浦和レッズを迎えた。

準決勝で川崎フロンターレを退けたJ1年間3位の鹿島と、2ndステージを制したJ1年間首位の浦和という対決になったチャンピオンシップ決勝。序盤から両チームともアグレッシブに仕掛け、ゴールに迫っていく。

しかし前半はゴール生まれず、両チームともスコアレスで折り返す。

後半、56分に試合の流れが大きく変わる。ペナルティエリア内で西がクロスに合わせようとした興梠を倒してしまい、浦和にPKが与えられる。それを阿部が冷静に決め、年間首位の浦和が貴重なアウェイゴールで先制点を奪った。

先手を取られた鹿島は60分、中村を下げて柴崎を投入。しかし浦和の集中した守備の前になかなかゴール前まで近づけず、1点が遠い。

一方、第2戦に向けて優位な状況のまま終えたい浦和は青木やズラタン、関根を投入して徐々に守備へシフトしていく。85分にコーナーキックから金崎にヘディングシュートを許したが、これは守護神・西川が正面で処理してゴールを許さない。

鹿島は最後まで攻めの姿勢を見せたが、奮闘実らずホームでの第1戦を0-1で落とした。浦和はアウェイゴールを1つ奪って優位に立ち、リーグ優勝を決める来月3日のCS決勝第2戦へ向かう。

【得点者】
57分 0-1 阿部勇樹(浦和)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
一昨年3位、昨年2位、今年は「優勝しかない」関西王者・阪南大が仙台大に逆転勝ち!
変わりゆくトライアウトの"需要"と"供給"。最年長は40歳、タイ人選手も参加
「違いを見せないと」明大の甲府内定DF小出&MF道渕、吉田達磨新監督視察の前で存在感
[MOM417]関西大MF平尾柊人(4年)_“関大のジョーカー”、らしくない全国初ゴールが決勝点に
サガン鳥栖サポーター400人の前で最後の練習 退団・金民友“惜別ゴール”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加