東京2020向けに変更の標識情報も反映した新地図採用!モニター視認も向上したパナソニックのSDカーナビステーション「ストラーダ」

東京2020向けに変更の標識情報も反映した新地図採用!モニター視認も向上したパナソニックのSDカーナビステーション「ストラーダ」

  • @DIME
  • 更新日:2019/09/22
No image

パナソニックオートモーティブ社は、SDカーナビステーション「ストラーダ」のスタンダードモデル4機種を11月上旬に発売する。

カー用品店向けに2機種(200mmワイドパネル「CN-RA06WD」、180mmパネル「CN-RA06D」)、特定販路向けに2機種(200mmワイドパネル「CN-RE06WD」、180mmパネル「CN-RE06D」)をラインナップし、価格はいずれもオープン。予想実勢価格は「CN-RA06WD」と「CN-RA06D」が各80,000円前後、「CN-RE06WD」「CN-RE06D」が各70,000円前後。

No image

「CN-RA06WD」

No image

「CN-RA06D」

本シリーズは、スタンダードモデルながら、VICS WIDE対応の渋滞回避機能、BLUETOOTHオーディオ、8倍速CD録音など、ユーザーニーズの高いナビ・AV機能が充実した7V型AV一体型カーナビ。

今回の新製品では、従来比で輝度を1.3倍、コントラストを1.5倍に高めてモニターの視認性を向上させたほか、大容量16 GBメモリーに、交通事故防止対策のカラー舗装や東京2020オリンピック・パラリンピックに向け変更された標識情報までリアルに反映させた新地図、家形や道路幅の違いまで正確な市外詳細地図を収録。

また、「VICS WIDE」の情報を基に渋滞を回避する「スイテルート案内」機能を搭載し、刻々と変わる道路状況に合わせて自動で最適なルートを再探索して案内。所要時間と距離の増減がひと目で分かる新旧ルートの比較機能を搭載し、希望のルートを選択することができる。

さらに、スマートフォンの音楽をワイヤレスでカーナビに接続して楽しめるBLUETOOTHオーディオは、高音質再生が楽しめるAAC形式に対応し、操作性を改善。CDをSDメモリーカード(別売)に最大8倍速で録音することも可能だ。

そのほか、11月上旬発売予定のストラーダ専用の前後2カメラタイプのドライブレコーダー「CA-DR03TD」との連携にも対応。カーナビ画面で簡単に設定・操作や録画映像の再生ができる。

No image

「CN-RE06WD」

No image

「CN-RE06D」

関連情報
https://panasonic.jp/car/

構成/立原尚子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
重い荷物もらくちん。Amazonでポチれるパワードスーツでマッスルパワーアップ! #CEATEC2019
極小ボクセルの集合体で世界を作る「マイクロボクセル」技術のデモ映像が凄い
総額3億円分、パソコン工房が10月19日から最大20%還元キャンペーン
ユニークなおわん形デザインの光るCPUクーラー
最大4万1800円の値引きになる、パソコンショップSEVENの「10月19日限定セール」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加