DeNAドラ1東、手応え60球 自己採点は「20点アップ」

DeNAドラ1東、手応え60球 自己採点は「20点アップ」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/02/13
No image

ブルペン投球を行った東

「DeNA春季キャンプ」(13日、宜野湾)

ドラフト1位・東克樹投手(立命大)がブルペン投球を行い、状態のよさをアピールした。この日は60球を投げ「今まで一番よかった」と手応えを口にした。これまで0点→50点→50点となっていた自己採点も「70点です。20点アップですね」と笑顔だ。

「足を上げた時に、しっかりと(軸足に)乗ってから投げられた。今までは力んだり、バランスを崩したりしていた」と修正ポイントを説明した東。今後予定される実戦登板へ「もっと制球力を上げたい。ストライクでも、引っかけたり真ん中に入ったりしていた。ワンランク、レベルの高い投手にならないと(プロでは)勝てない」と課題も挙げていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
藤沢五月、快勝も切り替え「やるべきことに集中」
楽天4位渡辺佑樹「戦慄のスライダー」で三振斬り
2月18日(日)【 神々の子育て占い 】
【野球】カープ中村祐 6番目の先発の座に鬼気迫る表情
【MLB】大谷翔平へ広がる驚き 懐疑的な見方に変化「歴代最高の選手になる可能性も」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加