「ようやくの”お戻り”だ」長谷部誠の2020年初先発でライプツィヒ撃破に貢献! 復帰戦の評価は?

「ようやくの”お戻り”だ」長谷部誠の2020年初先発でライプツィヒ撃破に貢献! 復帰戦の評価は?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/02/05
No image

2020年の初先発を勝利で飾った長谷部。ベンチ入りした鎌田(左)は出番がなかった。(C) Getty Images

現地時間2月4日、ドイツのDFBポカール3回戦が各地で行なわれ、長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルトは、ホームに好調のRBライプツィヒを迎え、3-1と勝利した。

アンドレ・シウバのPKで先制したフランクフルトは、後半早々にフィリップ・コスティッチが追加点。69分に1点を返され、その後も猛攻を仕掛けられたものの、GKケビン・トラップの好守などでピンチを防ぐと、試合終了間際にダメ押し点を奪って勝負を決めた

4-3-3の新布陣でアンカーとして先発フル出場を果たした長谷部も、ベスト8進出に貢献している。

ブンデスリーガ公式はこの一戦について、「ホームチームの精力的な守備が、最後までゴールの扉を開かせることはなかった」と、フランクフルトの組織的なディフェンスを称賛している。
フランクフルトの地元紙『Frankfurter Rundschau』は、長谷部に及第点を与え、このように評している。

「ようやく彼の”お戻り”だ。4バック体制になってから、ハセベにとって初めての公式戦。DFラインの前に陣取り、その働きは間違いなくチームに良い影響をもたらした。ペナルティーエリア内で相手に振り切られる場面もみられたが、後ろで(GKの)トラップが警戒を怠っていなかったことは、彼にとって幸運なことだった」

絶賛しているわけではないが、ポジティブな評価だ。また、現在リーグ2位のライプツィヒを倒したことは、チームにとっては自信になったはずだ。

フランクフルトは2月7日にアウクスブルク、14日にはドルトムントと対戦。20日にはヨーロッパリーグのラウンド・オブ32(第1レグ)で、奥川雅也が所属するレッドブル・ザルツブルクとの一戦が控えている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
神戸イニエスタも帯同 ACLアウェー水原戦で16年ぶりの韓国
CL決勝トーナメントがスタート! 新天地での活躍が期待される今冬の新戦力8名
「ベンチに置いていた監督は解雇すべき」「ようやく笑った!」岡崎慎司の2020年初弾に現地紙&ファン絶賛!
アトレティコ対リバプール、予想スタメン&プレビュー。昨季王者が持つ「矛」に、堅守という「盾」は耐えきれるか?【欧州CLラウンド16】
「苛立つだろうが...」 南野“メンバー外”の実情に英紙注目「クロップが外した特定の理由」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加