《精神科医解説》妻夫木演じる“カエル男”の行動からみる4つの犯罪心理

《精神科医解説》妻夫木演じる“カエル男”の行動からみる4つの犯罪心理

  • Doctors Me
  • 更新日:2016/10/19
No image

2016年10月13日(木)に、ジャパンプレミアで11月12日公開される映画「ミュージアム」で、妻夫木さん演じる猟奇的殺人鬼「カエル男」のビジュアルが解禁となりました。

予告ムービーではカエルのマスクをつけた殺人鬼「カエル男」が雨の日のみに犯行を繰り返す様子が流れており、鬼気迫る妻夫木さんの演技に早くも驚きの声が上がっております。

今回はこの「カエル男」から、猟奇的殺人鬼と言うのはどのような人物なのかを、犯罪心理学的に精神科医に解説をしていただきました。

カエル男はどのような人物?

人間的な、人の痛みや感情を理解したり、かわいそうに感じたりする共感性が乏しい人物であることが考えられます。

カエル男の行動から見える人物像

雨の日だけ殺人

殺害するときにカエルのお面をかぶる

猟奇的殺人鬼が患っていることの多い疾患

脳の疾患

精神の疾患

殺人の犯罪心理1:「反社会性人格障害」

人間らしい情緒の発達に乏しく、他人の気持ちや苦痛を理解することができません。

殺人の犯罪心理2:「怨恨」

幼少時に何かを我慢することを覚えずに成長してしまった場合などに、物事が自分の思うようにならなかったり、自分が他人から拒絶されたりすることで激しく憎悪したり、恨んだりすることが殺人の動機になることがあります。

殺人の犯罪心理3:「衝動的殺人・心神喪失」

衝動的殺人は、強い衝動のためにあまり後先を考えず人を殺してしまうものです。心神喪失とは、精神の障害のためにものの善悪を判別してそれに従って行動することができない状態を言います。

殺人の犯罪心理4:「快楽殺人」

殺人自体を快楽と感じ、その快楽を得るために人を殺すものを言います。

日本で実際にあった猟奇的殺人事件

津山事件

大阪池田小児童殺傷事件

相模原障害者施設殺傷事件

医師からのアドバイス

猟奇殺人のニュースなどは時々マスコミをにぎわせることがあり、私たちを震撼させます。

過去にもいくつもの有名な事件がありましたが、こういった事件を引き起こす犯人たちには家庭環境などいくつか見られやすい特徴はあるようですが、どうして一部の人間はこのような残酷な殺人を犯すのかまだ解明されていない部分も数多くあります。

今後の研究によって、何らかの改善や予防が可能になることを願います。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【けしからん】美人だが、あまりに攻めた格好で授業どころではない教師が話題に
「頭が混乱する...!?」反射によって生み出された奇跡の写真いろいろ
ムリ言わないでよっ!カレシに求められた「不可能なエッチ」3つ
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
その手があったか!「コンドームエッチ」で気持ち良くなる方法3つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加