フィギュア今季初戦 紀平優勝 羽生はショート首位

  • テレ朝news
  • 更新日:2019/09/14

フィギュアスケートのオータムクラシックです。男子では羽生結弦(24)がショートで首位、女子では紀平梨花(17)が優勝しました。

羽生、今シーズン初の大会のショートプログラム。冒頭の4回転サルコー。これは転倒してしまいます。それでも4回転3回転のコンビネーションジャンプをしっかり決め、ステップではレベル4の最高評価を受けました。羽生、98.38の得点で首位につけました。そして、ショートプログラム首位でフリーに臨んだ紀平は、代名詞のトリプルアクセルから2回転トーループのコンビネーションジャンプを決めるなど、このフリーでもトップに立ち、優勝。今シーズン最高のスタートを切りました。

今シーズン初戦 羽生結弦選手 ショート首位発進

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
仏 世界的指揮者コンクール 沖澤のどかさん優勝
田中刑事が逆転優勝、山本草太は2位 フィギュア
宮原知子が今季初戦V USインターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加