ハム飯山 現役引退へ 今後は「もう少し時間をかけて考えたい」

ハム飯山 現役引退へ 今後は「もう少し時間をかけて考えたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/16

日本ハムの飯山裕志内野手(38)が15日、今季限りでの現役引退を表明し、札幌市内の球団事務所で会見を行った。

No image

引退会見に臨む飯山

近年は両脚の故障に悩まされ「1年間、1軍でプレーできず、迷惑を掛けている」と決断の理由を語った。鹿児島・れいめい高から97年ドラフト4位で入団。日本ハム一筋20年は、22年の田中幸雄、21年の金子誠に次ぐ長さだった。

代走や守備固めとして重宝されたいぶし銀。12年の巨人との日本シリーズ第4戦ではサヨナラ安打を放った。通算成績は910試合に出場して打率.202、1本塁打、45打点。来季は指導者として球団に残る見込みだが、「もう少し時間をかけて考えたい」。引退セレモニーは10月3日のオリックス戦(札幌ドーム)で実施される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長嶋一茂、プロ志望・清宮に辛口評価「あの守備は無理」「最初は2軍から」
多摩大目黒vs駒場学園
高校野球ドットコム
阪神今岡コーチ退団が確実 ロッテ2軍監督要請へ
リーグV奪回ホークス、なぜ強い?
西武・野上 プロ初完封!4年ぶり10勝 元モー娘梨華夫人と支え合い「感謝」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加