壮絶!アジア系の客が粉ミルク売り場に殺到、横取りも―豪州

壮絶!アジア系の客が粉ミルク売り場に殺到、横取りも―豪州

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2019/01/12
No image

壮絶!アジア系の客が粉ミルク売り場に殺到、横取りも―豪州

店内に並ぶ粉ミルクに「われ先に」と手を伸ばし、転倒してしまう買い物客―。オーストラリアのスーパーマーケットで8日、こんな光景が目撃された。

店内に並ぶ粉ミルクに「われ先に」と手を伸ばし、転倒してしまう買い物客―。オーストラリアのスーパーマーケットで8日、こんな光景が目撃された。

この動画を紹介したカナダの中国語サイトによると、メルボルンのあるスーパーが出した「8日に商品入荷。皆様のお買い求めをお待ちしております」との事前告知が大勢の客を呼ぶ原因となった。ほぼ全員がアジア系で、年齢は50歳前後。開店と同時に目当ての粉ミルクに殺到し、「他人に奪われまい」と商品をぎゅっと抱きしめる人もいたという。

同サイトは「ある男性客が転んでもみんな無関心。それどころが男性が落としたミルクが横取りされる結果に…」とその壮絶さを説明し、地元の主流メディアがこの騒動を取り上げたことも紹介。ネットには「オーストラリアのスーパー、命懸けでミルク奪ってる」「代購(海外で購入した商品をSNSなどで転売する代理購入)のために自分の両親がスーパーに行くのを黙認した人たち。恥を感じてほしい」などのコメントが寄せられたという。

同サイトは「昨年9月はトウモロコシの特売をしたカナダのあるスーパーが、押し寄せた中国系の客で『戦場』のようになった」と伝え、「こうした騒動は海外で暮らす中国系市民のイメージを大きく損ねるものだ」と注意を促している。(翻訳・編集/野谷)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
危険すぎる!中国の子どもが高速道路でとんでもない“遊び”
『エースコンバット7』世界の歴史解説―「ストレンジリアル」ってどんな世界?【年末年始特集】
「中露が手を組む事態だけは避けねば」 安倍首相が目指す日露新時代とは
世界が注目!ブルガリア『盲目の予言者』が2019年を予言していた
迎撃ミサイル発射の瞬間、スキー場で撮影
  • このエントリーをはてなブックマークに追加