思ったより動く。しっぽをふって癒してくれるクッション型セラピーロボット

思ったより動く。しっぽをふって癒してくれるクッション型セラピーロボット

  • roomie
  • 更新日:2017/10/13

疲れた時、ふと何かに癒されたくなるときがある。家族と会話したり、ペットと遊んだり、おいしいものを食べたり、ぬいぐるみやクッションを抱きしめて撫でたりするだけで、ちょっと癒される。そんな役割をロボットが担ってくれる日がやってきた。

No image

Qoobo」は、しっぽのついたクッション型セラピーロボット。そっと撫でるとふわふわと、たくさん撫でるとぶんぶんと、しっぽを振って応えてくれる。

もともとは「疲れて家に帰った時、癒やしの存在が家にいてくれたら……」という女性デザイナーの想いをきっかけにプロジェクトがスタート。犬や猫のように癒やしを与えてくれるロボットをつくろうと、動物のしっぽに着目した「Qoobo」が開発された。

開発にあたって本物のしっぽを研究し、動きを再現するプログラムを構築して試作を繰り返し、複雑なしっぽの動きを再現。動画を見ると分かる通り、ただしっぽが動けばいいというのとは一線を画す、本格的な動きだ。

No image
No image

膝に乗せたり抱き上げるときにちょうどいい重さ、サイズ感、撫でた時の気持ちいい手触りにもこだわっている。カラーは「HUSKY GRAY」「FRENCH BROWN」の2種。

No image

現在はプロトタイプとのことで、発売は2018年夏頃を予定している。癒しのロボットと暮らす日が近づいているようだ。

Qoobo
癒やしを求めるすべての人に。クッション型セラピーロボット「Qoobo(クーボ)」を発表[PRTIMES]

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ネタカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
みちばたに メタルスライムが あらわれた! とおもったら...
パンダの落下シーンを集めただけなのに「絶対に萌え死ぬ」動画 / かわいすぎるため取り扱い注意
聴覚障害の赤ちゃんが、生まれて初めてママの声を聞いた瞬間の反応にもらい泣き
ガシャン!「避けたつもりが...」プラレールを蹴り倒す犬
ライブ中しっとりと歌っているのに観客席から爆笑が! 原因は舞台のモニターに映った衝撃の映像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加