ウエスト・ハム、プレミア残留に導いたモイーズ監督の退任を発表

ウエスト・ハム、プレミア残留に導いたモイーズ監督の退任を発表

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/05/17
No image

ウエスト・ハムは16日、デイビッド・モイーズ監督(55)が今季限りで退任することを発表した。後任については10日以内に決めるという。

モイーズ監督は、スラベン・ビリッチ氏の後任として、昨年11月7日にウエスト・ハムの指揮官に就任。降格圏に低迷していたクラブを13位にまで押し上げ、残留に導いた。

クラブの共同オーナーであるデイビッド・サリバン氏は、「デイビッド・モイーズとスタッフがウエスト・ハムをプレミアリーグ残留という目標を達成してくれた。感謝している」と、コメントした。

●プレミアリーグ2017-18特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
関学大選手涙「アメフトやるんじゃなかった」父会見
日大アメフト下級生100人の乱 退部者続出崩壊も
被害選手の父親が警察に被害届 加害選手の会見で「監督の指示」が出れば...
日大の宮川泰介選手「やるしかなかった」 氏名、顔は自ら公表
悪質タックル「日大アメフト部」監督が炎上に油注ぐ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加