楽しめた高梨沙羅。「ソチの時より今の顔の方が好き」と言われ笑顔

楽しめた高梨沙羅。「ソチの時より今の顔の方が好き」と言われ笑顔

  • Sportiva
  • 更新日:2018/02/14

2月12日の深夜に終わった平昌五輪女子ジャンプ。銅メダルを獲得した高梨沙羅(クラレ)は、「悔しさ半分です」と言いながらも4年前には見られなかった笑顔がこぼれた。

「目標にしていた金メダルには届かなかったですが、飛び終わってホッとしたというのはありました。何よりここにきて一番いいジャンプが最後に出たので……。最後は自分を信じて飛べたのがよかったと思うし、楽しい試合ができました」

No image

銅メダルを獲得して、試合後も笑顔を見せた高梨沙羅

平昌入りした高梨の初練習を見たとき、飛び出しの形が以前より固まってきているようで、徐々に上げてきた調子が、ここにきて万全になりそうだと感じた。

しかし見た目とは裏腹に、その時の高梨はまだ自分を信じられる状態ではなく、いろいろ試しながらやっていたという。それでも最後には自分に暗示をかけるように、今までやってきたことを思い返してやるしかないと吹っ切れた。

そのキッカケになったのが、競技前日に行なわれた3回目の公式練習だった。気温はマイナス10度を下回って強い風も吹く悪条件だったが、1本目は最長タイの103.5mを飛び、ゲートファクターとウインドファクターを入れたポイントでは1位になった。2本目も得点は4位ながら105.5mを跳んだ。

「1本目と2本目と自分の中で確認もできたし、このジャンプで臨むんだという強い気持ちを持って3本目を飛ばないことにしました。それが(結果に)つながったと思います」

今季は、冬シーズン直前の合宿が気温上昇で十分に練習を積めなかったこともあり、開幕戦は技術的に万全な状態で臨むことができなかった。その後も試行錯誤のなかで、なかなか勝てない状況が続いた。

だが、4年前を振り返ってみれば、ソチ五輪の失敗の大きな要因は、好調なシーズンインをしながらも調子の波が下がり気味になったところで本番を迎えてしまったことだ。それを考えれば、今季はその乗り切れない滑り出しを逆に吉兆と考え、平昌五輪に向けて徐々に調子を上げていこうと切り替えたのだった。

さらにマーレン・ルンビ(ノルウェー)とカタリナ・アルトハウス(ドイツ)が一気に力を伸ばしてきたことで戦う楽しさ、挑戦する楽しさを再び取り戻すことができた。

そのせいもあるのか、平昌入りしてからの高梨は表情も穏やかで生き生きとしていた。練習後には、現地ボランティアのツーショット写真のリクエストにも気軽に応えられるほど、気持ちに余裕を持てているようだった。

高梨も「それは山田いずみコーチからも『ソチの時の顔より、私は今の顔の方が好きだよ』と言われました」とうれしそうに言う。そこで「韓国のメディアでは”美女鳥”と言われて人気になっているそうだけど」と振ってみると、「いえいえ、それとは違うと思います」と、はにかむ。

「ソチからの4年間はいろんなことがあったけど、あの時の悔しさは自分をぶつけることができた(今回の)2本のジャンプで跳ね返せたと思います。今こうして銅メダルで終わったというのは、自分がまだ金メダルを獲る器ではないということなので……。また新たな目標ができたし、2022年の北京五輪では今度こそ金メダルを獲れるように、この4年間の中で試行錯誤したものを、このあともつなげられるようにしたい」

ソチは試合に飲み込まれてしまったところがあったが、今回は自分の足で試合会場に来て、自分を信じて飛べたという高梨。自分だけの背中に重圧がのしかかる状態ではなく、強いライバルがふたりもいる状況で純粋に試合を楽しめたともいう。

平昌での勝負には惜しいところもあった。1本目は103.5mを飛んで120.3点を獲得したが、ほぼ同じくらいの向かい風だったルンビは105.5mを飛んで、125.4点。強めの向かい風で106.5mを飛んだアルトハウスは123.2点で2位になり、上位3人は、ともに金メダルの可能性を残す接戦となった。

2本目が始まってしばらくすると風が弱まり、ゲートは最初の25番から27番に上げられ、風の有利不利が影響する展開になる。1本目7位のニカ・クルズナー(スロベニア)が104mを飛んだため、次のカロリナ・フォクト(ドイツ)からゲートは25番に戻された。

その中で高梨は秒速0.25mという弱い向かい風でのジャンプとなり、103.5mを飛んで123.5点を獲得。合計243.8点で暫定1位になり、後ろにアルトハウスとルンビがジャンプを控えるなかで、メダルを確定させる。

そのとき急に向かい風が強くなってきた。そのために次のアルトハウスはゲートを23番に下げたが、秒速1.13mの向かい風のなか106mを飛んで252.6点と高梨を上回る。さらにルンビはゲートを22番まで下げたが、向かい風は1.36m。ヒルサイズ超えの110mを飛んで圧勝という結果になった。

9位に終わった伊藤有希(土屋ホーム)が、選手によっては1m後半から2m台の向かい風をもらう中、ひとりだけ追い風の条件になったように、日本勢は風の不利に泣かされる結果となった。

高梨も、ルンビやアルトハウスと同じくらいの向かい風が吹く条件なら、「納得できるジャンプだった」と言うだけに、もっと飛距離を伸ばしてメダルの色も変わっていたかもしれない。

日本チームの鷲沢徹コーチも「試合での2本のジャンプは今シーズンでもトップに入るようなジャンプをしていたので、もう少し天候に恵まれたらという感じでした。でも高梨は飛び終わったあとは晴々(はればれ)とした顔をしていたので、その点はよかったと思う」と振り返る。

終わってすぐに「次の目標は北京の金メダル」と明るい表情で口にした高梨。今、4年前の自分に声をかけるとしたら何と言いたいか、という問いには「楽しく飛べたよと言いたいです」と答え、満足気な笑みを浮かべた。

4年越しの五輪のメダル。高梨にとってはそれが何色だろうと次へ向かって進む大きなエネルギーになったことは間違いない。

◆ケガの癒えた羽生結弦に不安なし。「絶対に勝てる」シンプルな考え方>>

◆夏のメダリストも驚く、複合・渡部暁斗の「五輪でも動じない」メンタル>>

■平昌五輪 記事一覧>>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
宇野昌磨「腹チラ」に「ごちそうさまです」 エキシビで羽生結弦上回る反応
またも衣装はだけ、フランス組あわやのアクシデント
羽生選手、宇野選手、宮原選手らエキシビションで魅せる
宇野昌磨、“天然語録”の理由明かされる
会場ではブーイングも。ザギトワ金、メドベ銀の採点を巡って議論沸騰!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加