「アイコンタクトはパルメイラス時代から」横浜FM新外国人エリキがいきなりアシスト

「アイコンタクトはパルメイラス時代から」横浜FM新外国人エリキがいきなりアシスト

  • ゲキサカ
  • 更新日:2019/08/17
No image

[8.17 J1第23節 横浜FM1-2C大阪 日産ス]

チームは様変わりした。横浜F・マリノスは今夏、MF天野純、MF三好康児が海外移籍のためチームを退団。FWエジガル・ジュニオは骨折で長期離脱を余儀なくされた。さらにこの日はMF扇原貴宏が出場停止で、GK朴一圭も負傷欠場。代わってFWエリキ(←パルメイラス)、MFマテウス(←名古屋)、MF渡辺皓太(←東京V)という新戦力3人がそろって先発した。

戦術浸透、連係向上はまだまだ発展途上にある。前半は攻撃が単発に終わっていたが、後半に入ると、一気にC大阪を押し込んだ。エリキは「前半はボールを支配していたけど、なかなか前に行けずに終わった。ハーフタイムに話し合いをして、後半は前に抜ける動きができた」と、攻撃陣でコミュニケーションを取って修正できたことに胸を張る。

0-1で迎えた後半23分、自陣でボールを奪ったDFチアゴ・マルチンスから縦パスを受けたエリキがスルーパスを通し、裏に抜け出したFWマルコス・ジュニオールが左足アウトサイドの技ありシュートを流し込んだ。Jデビュー戦でさっそくアシストを記録したエリキとチアゴ・マルチンスはともにパルメイラスからの期限付き移籍。阿吽の呼吸が同点ゴールに結びついた。

「僕とチアゴはパルメイラスでチームメイトだった。アイコンタクトはパルメイラス時代からしている。得点シーンはチアゴから素晴らしいパスを受けて、ターンして、DFが体を反転させたタイミングでパスを出した。マルコスも素晴らしい動きで点を取ってくれた」

しかし、その8分後に勝ち越しゴールを許し、1-2で敗戦。Jデビュー戦を勝利で飾れず、「残念ながらすぐに追加点を取られて負けてしまった」と悔しさをにじませた。今季11ゴールでチーム得点王のエジガルの“穴埋め”としても大きな期待がかかるエリキ。この日、2トップを組んだマルコスとの関係性について「1人が受けたらもう1人が裏に抜ける動きをしようと話していた。得点シーンはその形だった」と手応えを口にし、「今日は僕がアシストしたけど、今度はマルコスが僕にアシストしてくれると思うし、マテウスもテル(仲川輝人)もそう」と、チーム全体の連動をさらに高めていくつもりだ。

(取材・文 西山紘平)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2019シーズンJリーグ特集ページ

●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

●[J1]第23節1日目 スコア速報

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
播戸「悔いはない」 古巣・G大阪で引退セレモニー
[MOM636]流通経済大FW山口大輝(4年)_得意の“開幕弾”、最下位脱出
FC東京MF橋本は代表帰りで先発フル出場(4枚)
鹿島が来たぁ~!首位・FC東京に勝ち点1差、直接対決2-0快勝
今季リーグ初先発の川崎F新井、7戦ぶり勝利へ示した「今、チームに足りないもの」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加